ざっとかんそう


おこんばんわです伊山です。おかげんいかがですか。

気が付けばもう今年夏開始のアニメがいろいろ始まってました。
気になるものを視聴したので感想を少し。

「活撃/刀剣乱舞」(リンク先GYAO)
この夏始まると聞いて楽しみにしていた作品その1。
原作ゲーム本編の設定をしっかり踏まえた世界観でのアニメ化とのことで
原作ゲームを未プレイの自分でも入り口として楽しめるかなと期待しての視聴です。
1,2話見ての感想は、「ワタシが見たかったとうらぶはコレだ!」(笑)
少し前に映像化された花丸とうらぶの方は(未視聴ですが)原作ゲームを知ったうえでの
ほのぼのふんわり作風だと聞いていたのでちょっと合わないな~と敬遠していたのですが、
今作での作風は実際の原作ゲームってこんな作品なんだね?的な。仮想体験的な。
そんな印象を受けました(笑)
それに作画や動画がめっちゃキレイでよく動くんですよね!画面もつやつやして美しい(笑)
聞けば製作はユーフォテーブルというじゃないですか。
ワタシが好んで見るアニメ作品のなかで実はユーフォテーブル製作のものってほとんど無くて(笑)、
(代表作はfate、空の境界)今作がほぼ初・ユーフォ体験。製作スタジオに対して先入観なく、
純粋に高い作画レベルを満喫させてもらってます。剣撃作画専用スタッフを置いてらっしゃるのも好感。
背景美術も衣装の作画も素晴らしく、歴史考証の先生も加わっておられるのも素晴らしい。
原作人気ゆえか、色んなところで配信されてるのもありがたいです。
見られる環境にある方はぜひ。美麗でくるくるよく動く作画をご堪能あれ。

「魔法陣グルグル」
あの90年代の名作ギャグアニメが帰ってきた!(笑)楽しみにしてた作品その2。
つーか、なぜ今になってこの作品を!!?と、驚愕した懐かしの作品を最初から再度のアニメ化です。
昔の作品見てたので今回はどうかな~とワクワクして見ました。
原作の、ゲームのパロディ要素なところを却って全面に押し出して
ところどころ2Dドット絵になったり文字表記がそれっぽかったりで、
かなり真摯に、意欲的に映像化してる印象を受けました。
というか、コロコロとよく動くなあと思ったら、これ製作がスタジオI.G.なんですね!!!!
めっちゃビックリした~(笑)どうりでガチンコで丁寧作画でよく動くはずじゃい(笑)
このスタジオが本気だしたらえらいことになると体験しているので(笑)、
今作もマジメに原作をリスペクトしつつハイパワーで押し込んでくる作品になることを
期待しちょりますwギップルちゃんどうなるかな~。視聴継続。

「最遊記REROAD ブラスト」(リンク先GYAO)
これもまた、なにゆえ今になってアニメ化⁉な、ビックリ作品。
懐かしいのう~原作コミックにハマって全巻揃えてました。
発行ペースがゆっくりになってきてからだんだんフォローしきれなくなって今に至りますが……
ブラストのコミックス読んでないので、その世界観を再び、と思って視聴。
したのですが、いやー正直自分の年齢と重ねた月日を実感してしまいました(苦笑)
作風はあまり変わってない印象だったのですが、なにしろ彼らのトゲトゲしいところが今見るとキツイ(苦笑)
ケンケンしてギラギラしてた男4人+1匹の旅も、この年齢で見るとイチャイチャべたべたに捉えられてしまって
あまりのギャップにふおおおってなりました(苦笑)
いや、これは作品が悪いんじゃなくて、自分の感性の衰えですわ……。
作画はキレイだったしセリフ回しも当時をほうふつとさせて懐かしかったのですが、
見ているこちらが変化してしまったので、変わらない彼らが痛く、まぶしかった。
正直、いまの年齢の自分には合わないな、と率直に思えてしまったので視聴は切ることにします。
彼らにも悪いしね。うむ……。
むさくるしい男4人のトラブル満載の旅とその行く末に興味を惹かれる方はぜひ。流血も結構あります。

今期はこれらと、あと「バチカン奇跡捜査官」を見ておこうかと。もう1話始まってるかな。
グルグルとバチカンがありがたくも地上波放送地域なので録画視聴できますが、
あとはほとんど配信頼みなので、公式でのネット配信が多数派になってくれたのほんとありがたいです……
(本音を言えばアニメ作品は大きな画面で目に焼き付けたいので、できるだけTVで視聴したいんだけどね)
あ、そういえばまだ夏目禄を視聴完走してなかったな……(爆)早いとこ見ておこう(苦笑)

そんなところで。では。



[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-07-18 23:15 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/24947363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< カブト狩りじゃぁぁぁ! 思いもよらず >>