丸45話


真田丸45話視聴。完封。簡易版。

これも伝説に残る神回。製作費はこの回のためにぶっぱなしたという説もww
戦闘シーン多めだと聞いていたので、
OPクレジットに案外女性キャラが多かったのが意外でした。

決戦前に城内の情報がもれている疑惑。網を張ろうと有楽斎をひっかけにいく幸村。
場所がくりや、台所というところがね~。分かっている人にはおお?っとなる仕掛けかな。
家康も気が付けばいつの間にか「真田丸」という名称を知っていることからも
やっぱり城内の情報はつつぬけの様子。高さも広さも攻め手には恐怖、という台詞をいれることで
幸村の真田丸の特徴をしっかり視聴者に印象付けることができてお見事な流れ。(エラソウですいません)
ちなみにですがこの回にあったこの台詞、大好きです。
内記「あちらにも赤備えが」
幸村「あれは井伊直孝、かの井伊直政の次男坊じゃ。向こうにも、ここに至るまでの物語があるのだろうな」
内記「いちど、聞いてみたいものですなあ……」
↑、翌年の大河が井伊直虎が題材であることを踏まえた、ミタニンなりのフォローコール!(´∀`)
実は新選組!!最期の1日でも似たようなエールを送る台詞がありましてね、
その年の大河が「義経」だったもんで、作品内に「ひよどり越えか!」ってセリフが入っていたのを
ワタシはしかと覚えております(笑)ミタニン、そういうさり気ないことをやってのけるから
ほんとスゴイっすww井伊へのエール、この一連の台詞にニヤリとさせられてたまりませんv

徳川方へ付いているのに幸村つながりで何故か兵糧輸送を頼まれてしまう信之にーちゃん。
この人ほんと自分の周りのいらんことしいの人達のせいで苦労してばっかりだよねえ(苦笑)
ほんとに兵糧送るのかな。送るとしても そばがき だけども(笑)
そしていつの間にか淀殿のお付になってしまっていたきりちゃん(笑)なし崩しw
(ひとり鎧を着て陣中見舞いに来る淀殿、一般的には秀頼を押しのけて実質支配していたという見方だけども
この作品では親ごころからくる発奮、てことになってますね。面白い解釈。周囲の目は冷ややかだけど……。)

内偵がいるならこちらも、と情報戦。三十郎から上杉軍の動向を知らせてくれたことで
まずは真田丸へ呼びこむ引き込み戦を決行する幸村。
まずは息子の大助が「高砂」で挑発。ああこれは第一次上田城合戦で若き源次郎がやった戦法。
立派にやりきった大助、たぎりますなあw
そして引き込んだ上杉軍、井伊軍を空堀へおびきよせ、うえから一斉射撃を与える。
(ちなみにこのシーンでたくさん崖登りしてくれた兵士たちは、
真田軍として戦えると思って参戦した上田市のエキストラさんたちと聞いていますw)
万一 真田丸のなかに入られたとしても後藤又兵衛など白兵戦で蹴散らし、
落石などで追い落としていく。死屍累々に堀がうまってくると怖気づいた兵が撤退しはじめて、
最後の仕上げに騎馬と白兵で追討。圧倒的な勝利!

面白いように戦略がハマって大勝利、勝ちどきのなか幸村はそっと木村重成を呼び寄せる。
「実は、このような大いくさ、私も初めてなのだ。心の臓が飛び出しそうであった……」
ふんふん、と聞いていて、あれって顔になる重成、かわいかったです(笑)
いや~ 一世一代のハッタリでしたな幸村wでも馬上で大音声で名乗る姿、本当に立派でした^^
思わず叫ぶ上杉景勝の姿も。「日の本いちの、つわものぉ!!」名台詞多かったですねこの回。

ほんと、このために築城した真田丸ロケの迫力たるや!これのためだけに使われたの、ほんともったいない、
テーマパークとして残してほしかったくらいです(笑)
約2週間かけて築城したと聞いています、真田丸。スタッフの皆さん本当にお疲れ様でした^^
監修の歴史研究家さんが感涙した程の出来栄えの良さだったとのことです^^

個人的に「真田丸」といえば、と言える代表回だったと思っています。
素晴らしかった!大好きです!
というところで!



[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-10-28 23:30 | さなだまる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/26015108
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 空のワールドチャンピオン 丸44話 >>