晩秋の夜空に


おこんばんわです伊山どす。寒くなってきましたね。

例年、地元で行われていた花火大会が、今年は豪雨災害の影響で中止になったことは
以前のエントリでも書いた気がしますが(書いてなかったらごめんなさい(笑))、
なんとその後どんでん返し、復興祈念として晩秋の花火大会が催されることになりまして!
先週の週末、例年どおりの会場へ足を運んでまいりました。

ただ、やはり規模は例年とおりとはいかず、打ち上げ数を2/3ほどに減らしたうえ
いつもなら90分ほどかける開催時間も巻きに巻いて30分で終了、という
おらーやるだけやっとくでー、みたいな感じの駆け足開催でした(笑)が、
11月も終わりの夜18時すぎ、流石に九州でも寒くてですね(苦笑)、
川沿いだし厚着でも底冷えしてくるような気温だったので、
30分の打ち上げ時間がちょうどいいタイミングでしたw
吐く息が白くたなびく中、漆黒の夜空を見上げながら鑑賞する花火、
なかなかオツなものでした^^

d0025055_22453057.jpg
d0025055_22454848.jpg
こんな感じで。

しっかり露店も並んでいて、いつもならかき氷とか金魚すくいとかトルコアイスとかが並ぶところ、
今回はさすがに ホルモン焼きとかホットクレープとかジャガバターとかが売られていて、
湯気がもわもわしている露店っていうのも楽しいな~ってちょっとワクワクしましたw
(ジャガバター屋さんが蒸し器を目の前に置いてらしてたから湯気が常時あがっていて、
全部の露店のなかでそこが一番あったかくて美味しそうでした(笑))
あと、地元の名産の柿が先着順に無料でふるまわれていて、
自分たちが到着した時点でまだけっこう残っていたらしく、
1家族1袋で十分なのに3人分渡されてびっくりしました(笑)食べきれないよww
(でも特産なだけあって美味しいのでありがたや)

開始時間直前にはけっこう露店周りを中心に人だかりでわちゃわちゃしてましたが、
全体的な印象としては夏よりもさすがに人出が少なくて、6~7割の観客、といった感じでしたね。
いつもなら河川敷があっという間にブルーシートで埋まるんだけど
やっぱこう寒くちゃ地べたに直接座るのツライよね、的な(笑)スカスカでウケた(笑)
おかげか、例年より花火に近い、良さ気な場所で見ることができて良かったです^^
けっこう大きな音なのに、子どもが膝の上でぐーすか寝始めたのには呆れたけどもww
子どもは暗いとすぐ眠くなるんだねww

とにもかくにも、今年はあきらめていた花火大会が、駆け足とはいえ無事開催できて、
本当に嬉しかったです^^家族の思い出がまたひとつ増えました。
晩秋の花火、見上げているとなんだか、来年に向けての景気づけのようにも思えて、
なんだかついつい、「来年がよい年でありますように」なんて手を合わせたい気分にもなって(笑)、
いやいや除夜の鐘とかじゃないんやしwwって自己ツッコミ(笑)わはは。

そんなこんなでしたがこちらは元気です~^^
避難所もようやく先週すべて解除されました。
全国からご支援いただきありがとうございます!
しがない片田舎ですが今後とも宜しくお願いいたします!




[PR]
by katuhiro-iyama | 2017-11-27 22:37 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/26181762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< もう12月 深まる秋の近況 >>