れぼりゅうし!


正月に放送されたNHK正月時代劇、「風雲児たち~蘭学革命(らんがくれぼりゅうし)篇~」を見ました!
リアルタイムでわくわくしながら見ていたら90分のCM無しドラマなのに
あっっという間に見終わってしまって、本当に本当に面白かったです!終わって思わず拍手しちゃったもんね。

江戸時代中期に実在した、前野良沢と杉田玄白の、医学書「たーへるあなとみあ」翻訳の
苦労と情熱を描いたドラマです。歴史の教科書でちょうど江戸時代、中だるみする頃にぱっと出てきて
他に覚える項目も少ないからすぐ暗記した人名ですよね(笑)
たーへるあなとみあの翻訳は大変だった、とは聞くものの
具体的にどのような苦労があったのか、ドラマとして興味深く仕立てられていました。
脚本は三谷幸喜さん、キャストはほぼ全員大河「真田丸」の役者さん、ということで(笑)、
好きな人にはツッコミやらニヤニヤやらが止まらない楽しい作品でした^^

江戸時代、鎖国政策もあって医学は東洋の遅れた内容のものが通用されていた頃、
長崎留学先で西洋医学の本を入手した前野良沢。
友人である杉田玄白とその紹介で中川淳庵らと共に、医学書の内容が正しいのか確認するため
処刑人の腑分け(解体作業)を見学。医学書との内容に相違なかったことが分かったことから
西洋医学の探求、その足掛かりとするために医学書「たーへるあなとみあ」の読み分け(翻訳)作業に着手することに。
もともと蘭学医でもある2名、お医者さんの探求心かくあるべしですね。
しかし、なにせ手元にあるのは仏蘭辞典とわずかな単語帳。オランダ語で書かれた医学書を読むのに
まずオランダいろは(アルファベットのことですね)からアタマに入れなくてはいけない状態(苦笑)
絵図に書かれた数字からその解説文を読もうとするのですが
分からない単語だらけ。その中から他の項目より見つけた同じ単語、似た用語を探し出し、
単語の意味を類推して日本語にあてはめる。気の長くなるような作業です。
それを大の男4人(手助けも多少入る)が本や紙をぺらぺらめくりながら
こうだろうか、ここを省くとこの単語だけが残るから、それだとこの項目にありましたよ、
そうかならばこういった意味ではなかろうか、わーいやった!と(笑)、
けっこう賑やかにガヤガヤしながらやってる様が微笑ましく楽しかったですw
辛気臭くなりそうなところが杉田玄白の結構ちゃらんぽらんな感じでまるくしてたり、
却って前野良沢の方がガチガチで、次第に翻訳の単語たんごの精度に探求していったりするところとか
分かるわあって感じで共感できました。

前野の家族が犠牲になったり翻訳出版への道が険しかったり、反蘭学派に襲われたり
(颯爽と現れた林子平(※高木渉さん!)の通りすがりの名もなき侍っぷりが良かったですww殺陣が見られるとはv)、
ドラマとして盛り上がりを加えつつ、早く出版したい杉田と完訳が優先とする前野で
とうとう意見が対立。
本を出すことで日の本の医学の発展を目指すはずだったのに遅々として進まないのは
前野の小さな意地のせいだ、そんなことにこだわるのならば最早あなたは医者ではない、と杉田が一喝。
言ってはならぬことを言ってしまった……。
本心は、お互い出版で名を残すことより翻訳出版することで医術の進歩をうながしたい、
その信念のみでここまでやってきた。2人ともまぎれもなくそう思っていたはずなのに……。

いつしか道を違えてしまった2人ですが結局医学書「解体新書」は出版に至ります。完成まで丸3年!
けれども前野の強い希望で前野良沢の名は記載無く。杉田は手柄の総取りという汚名を甘んじて受けます。
解体新書はまたたく間に大ベストセラーになって杉田玄白の名は不動のものになりました。
(後年、その杉田が書き記した「蘭学事始」でようやく前野の名が残ったそうです)
そしておよそ20年後、還暦の祝いの席で杉田が前野を招待します。
お互いわだかまりがあったものの、互いを前にしてひしと抱き合う2人。
それぞれの信念が、ようやくひとつになったのでした。


ほんと面白かった!CGをうまくつかって、オランダ語の単語や絵図が中空に浮かび上がっていくイメージシーンや
老年になった杉田たちの特殊メイクが最高でした!
また、杉田玄白演じる新納慎也さんが実際に頭を丸めて撮影に挑み、意欲的に演じておられたのも素晴らしかったです。
端々で、真田丸で見たことある役者さんが出てこられたのもツボポイントでしたが、
個人的には腑分け老人の小林隆さんと中津藩藩主の栗原英雄さんが、全っ然分からなくて
ビックリしましたw特殊メイクもありますが演じ方が全然ちがってスゴイ……。
(あっ、漫画原作のみなもと太郎さんもカメコ出演してたそうで(笑)演技うまかったっす……すげえ……(笑))

録画保存して繰り返しみたいドラマでした。正月からすがすがしい気持ちになりました!
これ、サブタイに「篇」ってついてるから、同じ風雲児たちの話からまた新しくドラマ作れますよね!
ね?作るよね?作ってくれますよね??ww続編、楽しみにしています!!(^0^)

良いドラマを見せてもらって楽しかったです!有難うございました!


スカパー!

冬の5大テーマ祭り「国内ドラマ」をもっと見る

[PR]
by katuhiro-iyama | 2018-01-10 21:35 | テレビ、芸能 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/26337204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 丸46話 新年でござる >>