丸47話


真田丸47話視聴。反撃。簡易版。

大阪城の天守に砲撃を受けたことで状況は一変。
やはり盤石と思われていた城に攻撃を受けたのは淀殿でなくとも衝撃だったと思います。
抗戦を主張するはずだった淀殿は一転して和睦を望みます。
しかし実際に戦っていた兵士、浪人たちはそりゃないぜと。
真田丸での戦いといい、優勢だと思ってたのに上がいきなり和睦と言い出すとは何事だ、
勝った後の褒美の話はどうなったと。まあそうなりますわな……。
なんとか徳川方よりも有利な条件をのんでもらおうと画策する信繁だけど。
この人ここ数回、毎回なんとかするなんとかする言ってるよね……
状況が刻々と変わるのに、その度にうまく考えるからと言うだけで、だんだん言葉に信用がなくなっていく印象です(汗)
(本人は、望みを捨てないからだと言うてますね。その通りでもあるのですが)

和睦の使者は女性同士で。浅井三姉妹の次女・初と大蔵卿局が豊臣方。なぜか きりちゃんも同席(笑)
徳川方からは阿茶の局が出てきたわけですが演じる斉藤由貴さんがこれまた上手くて。
メダヌキとか言われるくらい飄々と(笑)、じょーずに大蔵卿局たちを丸め込んでしまうw
この作品に家康の側室はこの人くらいしか出てこなかったけど、この場面で納得です。
すごく印象付けられる。うならされました。
お初ちゃんはきりちゃんの取って付けたような後押し(笑)もあってどうにか粘るんだけど、
肝心の浪人たちの解散と真田丸の取り壊しに同意せざるを得なくなりました。無念。
大蔵卿局がしれっとお堀の埋め立てOKしましたよとかのたまうあたり、
軽く殺意覚えましたよね(笑)まあ、でもこの人の目線はずっとこうなので仕方ないかな。

戦うための設備が取り壊され、堀もなく、お城は丸裸、もう戦う術も策もない。
豊臣の為に何でもする、と決意していたはずの信繁はすっかり諦めムード。
だけども浪人たちや秀頼公が、しかと信繁の手をとって励ましにやってきた。
信繁が自分で発した言葉が巡り巡って自分を励ます言葉として却ってくる。うん、これ少年漫画だね!
おう、と鬨の声をあげる皆の姿を見て、今年の豊臣は勝てるぞ、と謎の感慨がわいてきましたw

そうそう、信之にーちゃんはついに浮気?がバレましたが
相手のお通さんがご商売の付き合いだったと判明し(笑)、
すごくビミョーな空気が流れましたねwwあれは大泉洋さんでないとこなせない場面だったと思うww
(稲さんの、「はい。はい。(棒読み)」がめっっちゃ怖かった~(笑))

タイトルの反撃、が徳川方にもかかる感じで、意味深な印象も。
さて信繁はどう反撃するのか!そんなところで!




[PR]
by katuhiro-iyama | 2018-01-25 22:29 | さなだまる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/26385651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< あいもかわらず日常 たのしく遊ぼう >>