丸48話


真田丸48話視聴。引鉄(ひきがね)。簡易版。

冒頭、茶臼山でのゲリラ的襲撃から信繁の情報が洩れるシーン、
家康の手にあった密告の手紙に「お」とサインがあったので
ここは織田有楽斎かと思わせる流れ良かったですねえ。「お」お蔵卿局という線もあったのですが
あの場にいなかったので。(そして密談のシーンは常に台所……。)
大阪城の掘が埋められて護るすべがなくても浪人たちは戦う気がまんまん。
ゲリラ的襲撃を小競り合いのように繰り返す作戦、家康の襲撃も考案するが。

家康を討ち取って無事に戻ってこれたら、と きりちゃんに切り出す佐助。
「……めおとになってもらえませんか。」「ごめんなさい(即答)」「はあっ」
ここサイコウでしたwwww佐助哀れwwww

佐助、家康の襲撃に成功!……したかに思えましたが影武者でした(汗)
てっきり夢オチかと思った……。ここが佐助の見せ場でしたなあ。

大阪城ではあふれる浪人たちの気概をおさえようと血縁者を呼んだり、
秀頼公は四国へ移ろうかとか、「この先」のことを考えている様子。
信繁も信之にーちゃんの息子'sに会ってきたり。(大助といとこ同士の顔合わせになりましたね)
三十郎や茂誠義兄上との久々の対面シーン、良かったなあ、三十郎本当に源次郎のこと大好きなんだなあって。
茂誠兄、信繁が敵(家康)のところへ突っ込んでいく心構えであることを察して
顔をゆがめるシーン、秀逸でしたね……。(高木渉さん最高……)

茶室があったところで農作業していると利休の魚シルシが入った鉄砲を発見。
あの魚シルシ懐かしかったですね、あれでひと騒動ありましたな。
終盤に、中盤の頃の伏線が戻ってくるのが大河ドラマ終盤あるあるですな……(しみじみ)
この鉄砲で信繁は。

有楽斎を追い出し、じっくり再起を狙って新たな砦を完成させようとしてた矢先に
浪人たちが勝手に武器弾薬を揃えて埋めた堀を好きに掘り返す(シャレじゃないですよ)ことを
始めて、思っていたより早く再戦の足音が聞こえてきた。
小型銃の調練をはじめる信繁。差し違えるつもりだ、と信之にーちゃん。
嫌が応でも高まる戦の機運。どうなるの~

そんなところで!



[PR]
by katuhiro-iyama | 2018-02-22 17:19 | さなだまる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/26508307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ふゆの終わりの近況 のびのびと日常 >>