丸49話


真田丸49話視聴。前夜。やっと更新。遅れてスイマセン……。

キャストクレジットがやたら多い(笑)最終話を前に総力戦といった感じ。
と思ったら江戸の信之にーちゃんのところでも役者さん総力戦というか、
松ねえさんがばばさまのマネを、おこうさんが初期の虚弱な頃の再現を、
それぞれしてくれて、それがまた大河終盤あるあるというか(笑)
初期の姿を思い起こさせる演出演技って大河ドラマっぽいですよね。嬉しい。
(真田家に伝わる大願成就のお守りは銭六文。これを真田同族でもあるおこうさんから
渡されるのがまた小粋。)

大阪城内、そして徳川勢それぞれ、異口同音にこれが最終決戦だという台詞。
分かりやすくていいですよね(笑)
そして信之にーちゃんは単身、信繁(幸村)を止めようと大阪方面へ。
ツテをつないで大阪城本陣へ……って、途中でなぜか室賀の息子に遭遇w
視聴者もにーちゃんも、あれ?室賀?って顔したと思う(笑)
真田と聞いて引き留めようとした室賀息子に向かって、信之にーちゃん
「だまれ小童ァ!」一喝(笑)ここでこういうリターンがくるかww
こういうところでも大河終盤あるあるが絡んでくるからほんと長期ドラマって面白いんですよねえw

こっそりと信之にーちゃんと信繁の対面。さいご最後と言いつつ、結局ここでも会うことに。
しかしここは本当に最後。最後のつもりだから信繁は「兄上と酒を酌み交わしとうございます!」と。
にーちゃんはそうだと分かっていながら、敢えて無視。信繁とはこれからも[生きて]酒を酌み交わしたいから。
涙目になりつつも信繁に背中を向けるにーちゃん、つらかったな……。

さて大阪城周辺では散発的に小競り合いが。しかし何故か情報が洩れているのが視聴者には見せられる。
裏切り者は。と視聴者に不安の影を落としてくる流れ、お見事ですね。
(結局、厨房のおやじということを見せてもらえるんですが、まだ信繁たちには分からないのも面白い。
しかし無駄な殺生をしやがっておやじ……。)
そして戦況は徐々に大阪方不利に。後藤又兵衛、木村重成、討ち死に。
木村重成の死にざまは史実で伝えられてる通りらしいですね。泥沼のなかで討たれたとか。
守りも薄くなってくるし情報は漏れてるし、で信繁は大阪城内の家族を避難させることに。
行く先はなんと、徳川方の伊達政宗。ここ、史実を知ってる人にはウンウンってところですけど
初見の人はえええって思ったかもしれませんね。
まだ秀吉の馬廻り衆のころだったか、信繁と政宗は交友をあたためてたんですよね。男なら一旗あげたいと。
その時の記憶がよみがえったのか、戦で対峙して何か通じるものを感じたのか。
政宗もほんとうに徳川に隠してこっそり真田妻女らをかくまっていたことだし、
戦場で相対してなにか感じたのでしょうね。にやにや。
(そしてドトーのずんだ攻撃……ゆがみない真田丸の政宗ゆがみないよ)

ラストシーン。これほんと真田丸屈指の名シーンだと思うんですが、
信繁がきりちゃんと……!きりちゃん、くちづけされたまま喋るとか、ほんと器用だよww
私10年前ならもっときれいだったんだから、いまさら遅い、とのたまいつつ
ホロリと涙。きりちゃん良かったねよかったね。
信繁もたぶん、「源次郎さまがいない世の中に生きてもつまらないから」って言葉に
ようやくグッと来たんだと思うわ(笑)あれは落ちるわ。
いや、いい場面でした。あのキスシーンは実は撮影現場でいきなり決まったらしいけども(笑)
(放送を見るまでミタニンは知らなくて、ええーこうきたのーズルイって思ったらしいですw)

のこり1話。最終話のタイトルはそのものズバリ「最終回」。予告もなし、潔いです!



[PR]
by katuhiro-iyama | 2018-06-14 21:51 | さなだまる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/26898755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


NEOGEOmini キターッ... >>