再始動ライヴ!


どもですこんばんわ。伊山どす。

去る9/21に地元福岡にて、myフェイバリットアーティスト、SURFACEの
再始動ライブが催されました!わーい。
ちょいとフンパツして先行予約とか特典駆使してチケット入手致しましたもので
早速見に行きました!今回はざっとレポートなどを。

今回はちょっと初めてづくし。
SUEFACEが再始動して初めての福岡ライヴ、
(6月にシイナさんだけ来たけどSURFACEとしては11年ぶりなんだって!)
初めての小さなハコ(中州Gate'7といってキャパおよそ200人!普段は着席してジャズとか流してるそうで)、
そして個人的にSURFACEでは初めての着席スタイルでの鑑賞!
いつもSURFACEといえば年甲斐もなく(笑)ジャンプジャンプで腕振り上げてノリノリな雰囲気でのライヴ
だったもので、会場ついて座席がずらっと並んでるフロアを見たときには
思わず「おお~」って声が出たくらい。意表でした。
スタートも夕方ではなく夜7時。オトナな時間を過ごせるんだわ~、という空気びしばしでした^^

今回4公演ツアーの初日、バンド形式ではなくSURFACE 2人っきりのツーマンライヴということで
正直 客としてもどんなライヴになるのか掴めなくて、どうなるんだろうねーという声も
聞こえてきたくらいだったのですが、
2人がいざステージに出てくるともうすっかり2人の空間に。
永谷くんのかきならすギター1本と椎名さんの伸びの良いハスキーボイスが紡ぎ出す曲は
本当にほんとうに、正に「SURFACE」。 ああ~SURFACEが帰ってきたんだわ、と1曲目から
しみじみニヤニヤしてしまいました^^

今回また初の試み?として、ステージ上で即興でボイパをアテながら音を重ねていく、という
珍しいスタイルに挑戦されてました。
椎名さんの席の横にPCと"ルーパー"というマシン?アプリ?が設置されていて、
マシンに向かってマイクで椎名さんがボイパを吹き込むんですよ。永谷くんはギターでメインのリズム。
で、椎名さんのボイパがルーパーに即録音されて、その場でリズムを刻んでいくんです。
もっと重ねたかったらPCから別のパーカッションが重ねられていって……うーん、分かるかな。
なんというか、ツーマン2人きりのギターとボイスだけかと思ったら
PCからさらに椎名さんのボイスとチーッチャッチャ、ってパーカッションが重ねられて
2人の音がぐぐんと広がっていくステージだったのです。2人だけど2つの音だけじゃない。
それが全て椎名さんが歌を歌いながら、その場で、即興で作られていく、っていうのが凄かったです。
その場で作り上げていくんですよ~そして決して再現できない。リアルタイムで紡がれていく楽曲、というのは
とても魅力的でした。会場の私たちだけしか知らない。最高の空間でした。

しかし、歌いながらルーパーを扱う、というのはやはり難しいようで(苦笑)、
ちょっと音のタイミングを見誤ってしまったり曲の終わりに余韻が足りなかったり、と
初挑戦ならではの思考錯誤があった印象が多少ありました。まあ、そこが即興の醍醐味というか。
あと、雰囲気をつかんできた我々観客も、一緒になってクラップや掛け声で1つの楽曲を完成させていく感じが
徐々にできてきて、ステージの2人も小さな声で(でもマイクに拾われつつ(笑))「いいね」「楽しいね~」と
声が漏れるくらい、すごく心に響くライヴになっていきました^^
ワタシ、ライヴって本当にすごいなって思ったのが、
忘れてたくらい久しぶりに好きな曲を聞かせてもらったんです。「たまり場」。
あ、好きな曲だ、と気づいた瞬間に涙がぶわっと出てきて(笑)
自分でもビックリしました(苦笑)しゃくりあげそうになった。
ほんと、何回も繰り返しくりかえしCDで聞いて好きだったフレーズ、たったワンフレーズ耳にしただけで
ノドがキュウっとなるくらい感情があふれてきたんですよ。我ながらすごい。
これがスタンディングのノリノリライヴだったら却って体で感情を発散できて声上げてわああってなってたんでしょうけど、
着席ライヴで別にシャウトするような曲でもないもんだから(笑)、
涙がぼろぼろっと出るだけであー、もうどうしようSURFACE大好きって脳裏で混乱するだけだった(笑)
これもまた初めての経験で。感激しました。涙はごまかしようがなかったけど(笑)

ちょいちょい2人のトークが挟まれていくんですけど、
もう本当に永谷くんが始終ニッコニコ笑顔で(笑)
つか、すでにライヴ前からきっと永谷くんはニコニコだろうなと予想してたけどその通りでww
ワタシの席からは永谷くんの顔が見えづらかったんですけども、それでも人の頭のあいだから見える
永谷くんの顔が本当にまんまるで目が細くてニッコニコで(笑)
ヒゲもあるからちょっとダルマさんみたいな顔だなって思ったんですけど(笑)、ほんと福々しい笑顔でいました(笑)
ほんとうにSURFACEで居られるのが嬉しいんだろうな~って思えて、
見てるこっちもニコニコになりました^^永谷くん良かったね。
椎名さんも、時折興が乗ってシートから立ち上がってシャウトしたりしてましたが
基本座ったまま声の伸びと張りはいつも通りで。むしろ途中からリラックスしてきたのが、
声の幅も広がった印象で、心地よく歌ってるな~という姿が印象的でした。
そして2人とも曲の出だしや歌いながら、途中でしょっちゅうアイコンタクトとって
顔を見合わせていたりするのが、ああSURFACEだなあと(笑)しみじみしちゃうくらいでしたw
信頼感というのかな……互いに背中を預けているからこそこういう新挑戦スタイルのライヴとか
しちゃうんだろうなーって。なんとなく。勝手な想像ですけど。良かったですw

約2時間、若干時間オーバー気味でしたが全曲終わって、2人が挨拶して終了したんですけど、
当代ならではだなあと思ったのが、「ネタバレ禁止、SNS拡散厳禁!みんな 良かった だけ書いてちょ!(笑)」
って依頼してくるところ(笑)大変ですよね……(苦笑)
というわけで、このブログもツアー全公演終わってからのUPになりますが(笑)、
ほんっとーにすごく良いライヴ、伝説に残るライヴになったと思っていますので、
貴重な瞬間に居合わせることができてすごく光栄です。嬉しかったv
(きけばハコが小さすぎて今回はプレミアチケットになっちゃったとか……。
元々椎名さんソロライヴのつもりで抑えたハコを急きょSURFACEにしたので来られない人が多くなって
申し訳ない、とラジオでおっしゃってました。ナルホド~。取れて良かった今回)
なんというか、今回のライヴ、我々観客と一緒に「作り上げていく」ライヴ、といった感覚が強く残って、
とても嬉しく、ほんわかした気持ちで会場を後にできました。
椎名さん永谷さん本当にどうもありがとうございました!また応援していきます!



[PR]
by katuhiro-iyama | 2018-09-29 23:50 | テレビ、芸能 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/27130845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< うつせみに、むすぶ。 急速に秋 >>