丸50話


真田丸50話感想。最終回。簡易版。(ほんと遅れてすいません)

本当に最終回。いきなりOP無し。タイトルのみ。潔い。
大坂に向かう途中の信之にーちゃんと突然の相部屋になったのは
なんと本多正信。この道行きがどうでるか。

そうそう、決戦前の大坂城内で宴会をしていた小汚い侍たち(笑)、
あれはwebでスピンオフとして製作された真田十勇士たちでしたね。
今そのwebドラマ見られるのかな?まったく別企画でやってるのかと思ってたから、
最終回でいきなり本編登場してきてビックリ嬉しかった覚えがありますよ^^
(博多華丸さんが中心キャラぽくて良かったのだ……)

いよいよ総決戦。淀殿に、勝った時と負けた時の渉外方法について知恵をさずける幸村(信繁)だけど
ごめんね、後世の人間はそのどちらの策もとれなかったことが分かっているんだ……(哀)
しかしこのドラマ、幸村自身が特に大きな手柄を立てたとか表だって活躍したとか無いのに
周りがいつも「貴方なら」「真田がいれば」と言われ続けてここまできた姿を
描いてきたんですね。周りの期待に応えつづけるだけの幸村。それもまた人生。かな。

出陣直前、早セミだといって実際のセミの鳴き声使ってたの、季節感もあって良かったですねえ。

大阪城にこもりっぱなしだった秀頼公、ついに出陣か、というところで
またもや大蔵卿局の横やりがはいる。厨房の者が真田の裏切りにやられたと虚偽も。
大蔵卿局もそりゃ心底秀頼のこと気がかりなだけなんだろうけどさあ……。
戦場では幸村裏切りの風説と毛利勝永快進撃の砂煙がまじりあう。
ああ勝永ちょーかっちょええ……(岡本健一さん、本当にハマリ役!)

そして毛利の進撃を後押しする幸村隊の進軍。の、目前に甥っこにあたる信正隊が。
ここ、三十郎が幸村(源次郎)と相対して蹴散らされたところ、良かったですよね~!
お役御免をうけて泣く泣く信之にーちゃんの方についたらこうして戦場でまみえて、でも敵同士で。
源次郎さまああああ、と涙を流して絶叫する三十郎、最高の見せ場でした!おうおう……(もらい泣き)

最終回らしく広大な場所で馬もたくさん使ってロケしてて、見てて本当に爽快でした!

士気もたかく毛利軍真田軍のオセオセで戦況は豊臣方有利。だったのに。
ほんの小さな誤解と思惑が戦況を変えてしまった。馬印が動いただけで怒られるの、ミタニン脚本っぽい(泣笑)
大阪城から火の手が出たのもこのタイミングってのが皮肉だよなあ……もうちょっと別のタイミングだったら
豊臣方勝てたろうに……(と、思わせるこの展開の妙。今年も西軍勝てなかったか)
そしてそのスキに単騎で迫る幸村。家康の首さえ獲れば。
家康の陣前で1対1で向き合う両者。ドラマ的盛り上がり~。
もう徳川の世は盤石、貴様のように戦で世をどうこうする者はどこへも行くところはないのだ、と垂れる家康。
そんなことは百も承知、と吠える幸村。彼はただ、やらねばならなかったのだ。
ここ、なんだか自分の意思というより、彼の生き方みたいなものが見えた気がしましたね。
周りの期待に応え続ける人生。その集大成が家康の首取りだった。ただそれだけのために。
だから、これが成されなかった時、彼は佐助と2人、寺へ落ちのびることしかできなかった。
孤軍奮闘むなしく深手を負った体を最期のチカラで振り絞って追っ手にひと刺しあびせるも。

「ここまでのようだな。」

脇差を抜いて襟を割り、遠く空を見上げる源次郎幸村の目には何が見えていたのか。
愛しき家族。仲間。家臣。大阪城。最期に思うのは誰だったのか。白光。

(生き延びるすべはありますとか言いながら結局籠城しかなかった淀殿……。)

ラスト。道中本多正信と連れ立つことになった信之にーちゃん。正信から領地を治める極意のようなものを教えられる。
のちのちその教えは信之にーちゃんの実際の領地でも実行されて良君主として名をはせることになるんだけど
それはもう別のお話。手にした六文銭に何を思う。幸村。信之。

ここで流れるOPタイトル!泣ける!泣かす!(ノД`)・゜・。
白地にひと文字、完。
最高の終わり方でした……真田丸ぅぅ(泣)

とても印象に残る良い大河ドラマでした~。
感想文も何とか完走できてよかったです~(苦笑)
総括はまた後日。1年間楽しめる良いドラマと出会えて幸せです!^^
おつきあいいただきありがとうございました!






[PR]
by katuhiro-iyama | 2018-10-20 22:55 | さなだまる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/27175547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 真田丸もくじ うつせみに、むすぶ。 >>