さなだまるまとめ


先日ようやく感想文が完走したNHK大河ドラマ「真田丸」の総括です。
その年の年末にあった総集編全4部まで見終わってのまとめだぜ……へ、へへ……。

個人的に今作は事前の期待を裏切らず、いやそれ以上に楽しく面白く、
強く印象に残る大河ドラマになったと思っています。
まず脚本が三谷幸喜さんてところが文句のつけどころないよね(笑)
一般的な真田家の物語にありがちな悲壮感とか悲劇性なところを
あえてコミカルに描いたり現代に通じるようなあるあるっぽく描いたりして
親しみをもたせるのが本当に巧みでした。信之にーちゃんの話だけ聞かないおばあちゃんとか(笑)
やっぱり昌幸パパのキャラクターが珠玉でしたね!w中盤あたりまで昌幸パパが何してても面白くて、
それが楽しみで仕方なかったくらい(笑)
演じた草刈正雄氏も、あちこちのインタビューで昌幸役はこれまでの役者人生の中でも
ナンバーワンだと嬉しそうに語っておられるそうでw心底気に入って演じておられたのが画面からでも伝わってきましたw
そういう、演者さんの魅力まで大きく引き出してくれるのが三谷脚本の神髄だと
思っているので、その点ほんとうに「真田丸」はどの役者さんも輝いていたなと。
(初の映像作品出演になった高木渉さんがまた本当に良かった!第一話での裏切り涙するシーン、一気に引き込まれました)

あと、最新の歴史研究からの視点を多く盛り込んでくれて、
これまでの通説通りのドラマとは少し異なった斬新な見方とかを見せてくれたのも楽しかったです。
幸村が大阪城時代に具体的に何をしていたのか、どうやって秀吉と縁を結んだのかは
割と創作部分が多かったらしいのですが、今作はおそらく馬廻り衆だったろうと、
身近に仕えていたのではないかという見方で描いていたので物語のはばが広がって面白かったです。
大阪城編が少し長かったような印象もありましたが(秀吉の介護とか三成のショボイ宴会とか)
大阪での幸村の立ち位置がのちの大坂の陣へつながる布石という説得力はすごく感じられたと思います。
惜しむらくは本編中に伏線として張られていただろう、秀吉が「死ぬ時に日の本いちの幸せ者だったと言わせてみせる」と
淀どのに語ったらしいその台詞が結末までに活かされずじまいだったこと……。
あの台詞が淀どのの末路にうまく絡めてきてたらすげーカタルシスだった思うんですけどね。
(編集上カットされてただけかもしれませんが)
大阪城編はもうちょっと短めにしてその分、九度山での暮らしを長めに見せて欲しかったという
個人的願いも書き添えておきます(笑)
(九度山、楽しそうだったんだ……九度山での村人とのアレコレとかもう少し息抜き部分が欲しかった(笑))

そして終盤に向かうにつれてやはり、盛り上がりというか印象に残るシーンが続々と出てくるところも好きです。
個人的に大好きなのは、九度山に訪れた明石全登に大阪への帰還を求められたあと、
きりちゃんに叱咤された幸村(信繁)が1人じっとこれまでのことを回想する場面!
秀吉が鳴らした鈴の音とともに、まさに走馬灯のようにこれまでの出来事、登場人物らを
次々と回想していき、ようやく意を決して前を向く、あの時の堺さんの表情が忘れられません。
ここにきて真田幸村の誕生だー!と、視聴者へ大きなカタルシスを与えられた爽快感みたいなものがありました。
(年末の総集編はそのあたりまるっとカットで残念だったよ……自分の名前をクジ引きで決めるとか
またそういう昌幸パパみたいなことをやってるのも楽しかったw)

あと、ドラマ全体からみて白眉だったのは、やはり実際に作られた真田丸のセットの迫力でしょうか!
あれは良きものでした……大阪冬の陣での圧勝した戦闘シーンはエキストラも大勢つかって豪華で、
その分このドラマを端的に見せるのに丁度よい映像素材になったのでは(笑)そのくらい秀逸でした!
大坂の陣での登場人物たちもまた魅力的で、本当に勢いに乗って勝つんじゃないかと思ったくらい(笑)
(個人的にドラマ初登場だった明石役の小林顕作さんが本当にかわいく……毎回目で追っていたよ(笑))
幸村がどこまでハッタリを利かせられるか、そのハッタリが徐々に真を帯びていくところも含めて、
終盤は真田幸村の物語だったなあとしみじみと思いました。
案外主人公ぽくなかったですよねこの作品の幸村(笑)振り回されてばかりで。
ラストの10話くらいでようやく日の目をみた、まさに歴史の表舞台に出てきたんだなと
視聴者にも印象づけられたような気がします。

あとはもう、こまごまと役者さんが良かったなあと……!
長澤まさみさんのきりちゃん、徐々におばちゃんになっていくところ(笑)、
小日向文世さんのどこか影のある秀吉、
竹内結子さんのファムファタルな淀どの、
中川大志くんの優秀だけどお坊ちゃんな秀頼、
新納慎也さんの優しくて素朴な人柄がしっかりにじみ出ていた秀次、
最初の2話しか出てこなかったのに哀しい印象を植え付けた平岳大さんの武田勝頼、
人柄に難ありという微妙な性格を絶妙に印象づけた山本耕史さんの石田三成(大好きだー!)、
強烈な父と奔放な弟に挟まれた真面目な兄というキャラクターが的確に表現された大泉洋さんの真田信幸、
そしてやっぱり
優し気な風貌ながらひょうひょうと人々の間を渡り歩いた堺雅人さんの真田信繁が
本当に魅力的で!この人が信繁だったからこそ、今作がどのキャラクターも輝きを導きだされたんだろうなあと
勝手ながら思っています。大好き。

うまく興味を持たせる見せ方とストーリー、魅力的な登場人物、
いいものを画面に残そうという意気込みが感じられる絵作り、
すべてがうまく合わさっていて、何度見返しても大好きで胸踊らせるドラマがこの「真田丸」だと思います。
歴史ものが苦手な人でも登場人物の魅力で引き込まれる時代物ドラマじゃないかな。万人にお勧めしたいです。
あと、けっこうライブ感があった気がする(笑)リアルタイムで視聴しているとテンションがもりもり上がった(笑)
後でまとめて視聴した時とはまたちょっと感想が違うかもしれません。不思議。

末筆になりますが感想文の完走が遅れて大変申し訳なかったです(汗)
毎週リアルタイム視聴してたんですがブログに書き込むのがだんだんと遅れ出して……
結局完結したのが放送後約2年という体たらく(汗)本当にすいませんでした……。

大好きな大河ドラマのひとつになりました!(1番はもちろん組!(笑)、あと平清盛)
長々とお付き合いいただき、まことに有難うございました!!(平伏)






[PR]
by katuhiro-iyama | 2018-11-07 22:22 | さなだまる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/27207139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ようやく秋の近況 おくおとこ >>