平ジェネフォーエバー


公開中の映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」
見に行ってきました!
鑑賞前から予告映像で泣けました(笑)
いっきにネタバレ感想ぅぅぅ!













いやー……、ほんっともう、良い映画でしたああっ!(感涙)
今回かなり自分の中で期待のハードルを上げて見に行ったつもりなんですけど、
すっかりハードル超えてきてしまいました。参った。
OPクレジットでもう涙がにじんで、鑑賞後すぐにパンフ買いに行きましたもんね(笑)
分かりやすいFAN行動をしてしまったw

今回”平成に入ってから放送された仮面ライダー”⇒「平成仮面ライダー」が
通算20作目となった記念碑的映画という位置づけになっておりまして、
それでなくてもライダーの映画というのは過去作のライダーがわーっと登場しては
だだーっと戦ってどかーんと爆発してびしーっと決める、という(笑)
ある種お祭り的要素の強いものとして好評をはくしていた印象だったのですが、
今作はその辺の"雑味"がほとんど無く、とても丁寧に
ライダーたちを描きだしてくれていたなあという印象を受けました。

つかですね、ワタシこんなこと言ってますが平成仮面ライダーって数えるほどしか見てなくて、
通しで完走した作品って電王、W、ウィザード、ビルド、くらいなんですよ(笑)
ディケイドやエグゼイドも見てたけど飛び飛びだし。フォーゼとかキバとか序盤で脱落したし、
ブレイドとか全く興味ないものもあった。
でも、通しで見てなくとも主役ライダーのデザインとか基本設定とかはどこかで見聞きして
知識として知ってるし、いくつか過去のライダー映画見てるから大まかなところは分かっている感じなんです。
その、ざっくりとしか平成ライダー知らない状態のワタシでも、
ライダーが20作じっくり続いているコンテンツということはとても尊敬しているし
大好きな電王がその歴史のなかにいるから、自分にも関わりあるジャンルだと感じていました。
なので、今作のOP映像で過去作のライダーの場面写真の切り取りが出ただけでも、
もう「あーこんなに20作も歴史が積みかさなって……」と思えて泣けたのです(笑)てへへ。
1つでも思い入れあるとこんなもんです(笑)

で、今作ゲストキャラとして悪役のティードというタイムジャッカーが出てきます。
すごくビジュアルに凝った印象で、小物とか特徴的だし、キャラ造形もダークな雰囲気で
とても印象に残った悪役だなと感じ入りました。演じる大東駿介さん、大河清盛に出てたそうだけどノーチェックでした。
このティードが、平成ライダーの歴史自体を消そうと動きだしたことから物語が始まります。
1人の小さな男の子を狙って電王のデンライナー(偽物なのでアナザー電ライナーですが)を使い誘拐する。
でも男の子が逃げ出して、その先でジオウのソウゴくんや、ビルドの戦兎くんらと会って謎が深まる、という。

何故か出だしからソウゴくんやツクヨミちゃんの記憶が改変?消去?されてて、
ライダーとは関係ない普通の高校生やってたりしたんですが(ゲイツがガチで受験勉強してたのフイタw)、
それはとある怪人・イマジンの仕業だということが後で判明します。
イマジンは電王に登場する怪人でして、人間と契約することで過去のトラブルや消したい思い出を操作し、
契約者から命を奪うことがあったりします。(ここは映画では説明されてなかったけど電王視聴者には認識済みというか)
このイマジンが今回契約したのが、仮面ライダー好きの高校生、アタルくん。
幼少時からライダーが好きなあまり、イマジンと「本物のライダーに会わせてくれ」と契約しちゃいます。
そしたら目の前でジオウやビルド、グリスやローグといった本物のライダーたちが戦う現場に遭遇しちゃって。
(戦闘中のライダーたちをカメラがナメ、アタルが掲げたスマホの画面にもライダーたちが映っている、っていう構図が
現実と虚構の境目を不安定にさせていて、正直ゾッとしました)
戦闘中のライダーたちの周りを、ゲイツが言うようにまるでショーを観劇するかのように
「がんばれー」とか言いながら一般人が囲ってたりするので、当のライダーたちが困惑したりします。
でも、ジオウ本編に登場した時のビルドキャラは、すでに別の人生を歩んでいる別人、という設定になっているはずなのに
何故グリスやローグが変身して戦っていたりするのか。そこが序盤の謎としてすすんでいきました。
……そうだ、これ「ジオウ&ビルド」の共演映画でもあったんだった忘れてた(爆)w
ジオウメインですが、ビルドのキャラたちも丁寧に描かれてました。好感。

で、アタル本人と戦兎たちが出会って話を聞くと、
アタルいわく「仮面ライダーという虚構の産物が現実に居たらいいと思った自分の妄想の世界なんだ」と。
妄想が終われば戦兎たちも記憶が改変されたツクヨミたちも元に戻る、ということらしいのだけど
それを聞かされた戦兎とソウゴくんはそりゃ訳わかりませんよね(苦笑)
例えるならマンガのキャラが三次元に出てきて作者と会話して、君ら紙の上の生き物だから、って
言われたようなものでしょ(笑)ソウゴ本人にしてみれば自分は生きているのに虚構とか言われても……っていう。
話になんない、と戦兎たちは切り捨てますが、あの逃げ出した小さな男の子との関連が。
男の子とアタルとの繋がりがこの作品では大きな肝でした。この縦軸があってすごく良かった。

まあ、で、アタルの妄想が現実の世界でも影響を及ぼし始めて、
ティードが平成ライダーのいない世界を作り出し、自分が王となる、ってエラソウなこと言いだしたもんだから
一瞬ソウゴくんも戦兎くんたちも影響が出て存在が消えてしまったんですよ。
(画面がホワイトアウトしてめっちゃ焦った……)
でも、ジオウの世界に戻ったソウゴくんが、アタルと男の子との関連性に思い至り、
アタルを助けたい、そういう立場の人も救える王になるんだ、と(笑) 戦兎くんと一緒にアタルの世界へ戻る。
この戻るためのアイテムが、仮面ライダーWのライドウオッチ。
なんと、Wのキャラだった風都ラーメンのおやじが、翔太郎から預かってたから、と
ソウゴくんにウオッチを渡してくれてたんですね(笑)すげーw あの風都ラーメンが出てきてテンションあがったよw
無事戻ったソウゴくんに、今度はウォズが助け舟を。
なんとなんと、ウォズってばWのフィリップと同じく「地球の本棚」に入ってたんですよ!!
こりゃービックリした~(゚Д゚;)本気でおどろいちゃった。
本を携帯しているキャラってことでフィリップくんと似てるなとは思ってたけど、
まさか本当にフィリップくんと同じようなことが出来るなんて(汗)
これはTVシリーズ本編でも関わる重大な伏線になってほしいです(笑)
で、ウォズが調べてくれたのが電王でのタイムトラベルの方法。イマジンと契約が完了した者にカードを当てると
契約者が一番気にしている過去の日付が表示される、ってやつ。
もうこのへん、自分が電王FANだっていやでも認識させられて、めちゃめちゃテンションあがりましたよ~(笑)
懐かしい!懐かしい!って(笑) しかもジオウで推しキャラのウォズが……。はああ(萌)
(まあ、でも電王を見てない人にとってはこの辺不親切な場面だったかな~)

で、アタルが気にしていた時間に戻ったんですがそこでトラブルが収拾できず、
事態はふりだしに戻ります。フータロスとも合流して話のつじつまが合うんですが。
……1つ視聴者には分からなかったつじつまが。フータロスは何者なの?(爆)
いや、イマジンってのは分かるんですが、アタルと契約したことでアタル寄りの気のいいイマジンになった、って
ことなのかもしれないですが、なんか、どうしてアタルにそこまで思い入れてくれるのか、
ちょっと理解しにくかった印象でした。自己紹介とかもしてなかったし……(笑)

その後ちょっとあってソウゴたちが時空転移に失敗しそうになってタイムトンネル内で迷子に
なりそうになったんですが、そこを助けてくれたのが電ライナー!これは本物だよ!(笑)
電ライナー映った瞬間テンション爆上がりでした……(笑)思わず隣の息子ぱしぱし叩いちゃった(笑)
ピンチを救ってくれて手を差し伸べてくれたのは。

シークレットゲスト、野上良太郎こと、佐藤健くんでした!!うわおww

本当にたけるんが良太郎として演じて出てきてくれるなんて、すごく、すごく……(感涙)
つか、公式サイトから公開日当日にアナウンスがあって、
佐藤健くんが極秘で登場してくれたんですよって教えてくれてたので(公式からの超絶ネタバレ……)
登場するのは一応知ってたんですが(汗)、
知ってても本当に出てきてくれるなんて嬉しすぎてビックリでしょう(涙)10年経ってるのよあれから;
たけるん、ウラ良太郎としてウラタロスが憑依された状態での演技でしたが、
ぶっちゃけ10年前ほどの若々しさというか(笑)、あの当時のひょろっとした印象はもう無くて、
10年経過した分だけの先輩ぶりというか何というか、凄く筋の通った良太郎だったという印象を受けました。
当然なんだけどね……。いや、あの頃の良太郎に戻ってほしいなんて思ってなくて、
今のたけるくんが良太郎になったらこうなるんだなあという認識の確認というか。うん。
すごくスマートぶりが増したウラタロス良太郎になってて、うっとりしました……ぽわー。
あんまりにもぽわーとしすぎて、画面の中でモモタロスたちがわちゃわちゃやってた気がするんだけど
ほとんど目に入ってなかったわ(爆笑)そのくらいインパクト強かった……。
タロスたちがわちゃわちゃしてるのも好きなので、また後日そこを再見しにいきたいと思います(笑)

で、なんだっけ(笑)、良太郎ショックで吹っ飛んだけど(笑)、良太郎はすごく良いことを言ってくれたんです。
劇場で見ている我々にも心に火がともるような、嬉しいことを。
その後、ティードが狙った男の子と、平成ライダー世界で収集した1作目ライダー「クウガ」の力を合わせて
アナザークウガという化け物が登場。
街の人々が襲われていきますが、そう、そこで登場するのが我らが平成ライダーの面々!
もうね、ここ、すごーくたぎりましたwwめっちゃアツイ登場シーンでした。
なんというか、応援していた我々の、心の中から生み出された「ぼくらの」ライダー、って感じで。
ライダー作品1つ1つの背景とかひとまず置いといていいんですよ。
大事なのは、それらを見て感じて、応援していた我々ライダー好きの人の中に住むライダーたち、ってこと。
ワタシが好きだったライダーが画面のなかで派手に立ち振る舞い、大暴れしている。
それだけでもう、十分でした。戦闘シーンなのに涙があふれそうになったのは初めてかもしれません(照)
なんか、ここだけ気持ちが小さい子どもに戻って、画面に向かってライダー!って叫びそうになった(苦笑)
ワタシ平成ライダー始まったころはもう成人してたんですよ(恥)でも、そのくらいのアツイ気持ちにさせてくれる、
なにかをこの映画は感じさせてくれました。嬉しい。ありがたや。

まあそんで恒例の、派手にどばーっとわーっと戦闘シーンがありまして(笑)、
ここも嬉しかったのが、1作目のクウガへのリスペクトですね。バイクアクションとかラストのキックとか。
心の中で「クウガせんぱーい!」って叫んでおきました(笑)
全員のキックで巨大なアナザークウガは消滅して、ティードも炎の中に消えて。
特にひきずることもなく、スカッと終わった印象だったのがまた良かったです。

エピローグのあと、新しいアタルの家族写真が映し出されたんですが、そこも良かったですね。
とても心強かった。ライダー好きで良かったなってしみじみ思いました。
そしてエンドロールではもうう、心の中で必死に好きなライダーの名前を叫ぶ時間だった気がします(笑)
あれはもう、応援上映で流してほしい……。フィリップ―!とか叫びたかった(笑)
応援上映、いままで自分には関係ないかなと思ってたけど、この映画の応援上映あったら行って見たい……。
ぜひ大声でライダーたちを応援したいです!(笑)

そんなこんなですごくすごく良いライダー映画でした。
1つ難点を言うならば、これはライダー作品の入り口にはできないってことですかね。
過去になにか1つでもライダー見たことがあって、なにか1か所でも心に残っているライダー作品があれば、
とても心に残る映画になるだろうと思うのですが、全く過去作見たことない初心者さんが見たとしたら
基礎知識の説明ぜっんぜん無いので、不親切きわまりないです(苦笑)そこはご注意。
すっぱりファン向けの作品として認識したうえで、何か好きなライダーがいるアナタにはオススメ。
心の中で一緒に叫びましょう!ライダー!!とw

今まで見たライダー映画のなかで、ダントツに面白かった、見て良かったライダー映画でした!
スタッフの皆様ありがとうございました!
たけるくんの極秘撮影おつかれさまでしたっ!!w
(※本当に厳格な秘密収録だったようで、その徹底ぶりに脱帽。画面見たらなんか納得させられましたよ)




by katuhiro-iyama | 2018-12-28 23:41 | 映画話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/27310425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今年もおせわになりました 年末ですよおくさま(誰 >>