人気ブログランキング |

ルパパトキュウ!


おこんばんわです伊山です。

改元後、初の映画鑑賞はさっそく特撮!w
「ルパンレンジャーvsパトレンジャーvsキュウレンジャー」見に行きました!^^
ワタシの大大大好きなキュウレンジャーが帰ってくる映画ですもの、見に行かないわけがない!
本当は連休明けに人出が落ち着いた頃行こうと思ってたのですが
息子と思い出づくりも兼ねて連休中日の公開初日!に行くことになったので
めためたお客さんが多かったです(苦笑)飲食購入の列、たぶん100人並んでた(爆)
しかもチケットをネット予約した時点で残席4、ぎりぎり滑り込みセーフで取れたので(汗)、
座席が最前列ですっげー見づらかった(苦笑)リクライニング付いてて半分寝た状態で見ました(苦笑)
なもんで、あまり爽快な鑑賞環境とはいえず、ちょっと集中が途切れたところもありましたが、
基本めっちゃめちゃ楽しい作品だったのでそのへんは問題にしない!とゆーことでw
以下、ネタバレ感想ぅぅ~














上映時間55分ということでしたが、あっっという間に終わっちゃった感じで、
体感20分くらいでした(笑)そのくらい凝縮されてて、でも駆け足と言う感じではなく
濃縮果汁150%!っていうかんじの(笑)、すっげー濃ゆいお話でしたww

事の始まりはルパレンたちが私服の時に宇宙人(?!)のホシ☆ミナトに誘拐されるとこからなんですが、
もうそこからして異質な融合になってて導入としてのツカミはOKww
ルパパトの世界に宇宙人なんて要素皆無ですから、まずそこから面白いww
で、ホシ☆ミナトはキュウレンジャー世界の人気歌手って設定なんですが
何故か目の前にワームホールが開いてて(笑)ひきづりこまれたら別世界の地球にきてた、
とかいうかなりテキトーな状況(笑)ミナティちょー巻き込まれw
(一応、彼が所持しているギターが引きがねではあるのですが)

どうでもいいけどホシ☆ミナトと一緒にいたマネージャーとかいうジェラタロウって宇宙人、
ゴーカイジャーに出てたジェラシットの息子!?(笑)声が櫻井孝宏さんで地味にゴーカだったww

で、その誘拐現場に居合わせたパトレン組がルパレン3人(※私服だったのでビストロジュレの3人と認識)を
追いかけようとした途端、空中からドカーーーンと墜落してくるものが。
「ケガ人はいなかった!ヨッシャラッキー!!」はい、ラッキー来た~^^
こんなふうに基本ルパパトの世界にキュウレンジャーが飛び込んでくる世界観になってて、
これはすっごく混ぜやすいというか(笑)、これしかないって感じの混ぜ方でしたね(笑)

ラッキーはその場で逮捕されちゃったりして(笑)、基本パトレン組寄りで行動してたんですが
ルパレン側には怪盗つながりでキュウレンの怪盗BN団の2人(バランスとナーガ)が。
どうやらホシ☆ミナトが持ってたギターを狙っていたようだったのですが
誘拐のドサクサで国際警察の元にあると。
ホシ☆ミナトのギターを何故かギャングラーも追っているのを見ていたルパレン3人も
協力を申し出て、ここに怪盗&快盗の協力体制が。
つまりキュウレンジャー → ミナトのギター ← ギャングラー ← ルパレン という構図。
ギャングラーが絡んでればパトレンも出てくるので、5勢力が入り乱れるって感じですね。
でも全然混乱するような描写はなくて、流れるように話が展開していくので
するーっと入り込めてとても分かりやすかったです^^
コスプレとかしてたのが良かったのかな(笑)寿司屋の出前と電気工事とツカサ保険会社……(笑)

いつもの戦隊バーサス作品だと情報の共有がされてなくて事態が混乱したり収拾されないまま戦闘シーンに、ってなる
場面が多かった印象だったけど、
今作はキュウレンチームが丁寧に情報を提示してくれて、とても良い協力体制だったのが
なんだか斬新だった(笑)まあ、それもこっち側の地球が滅亡の危機という事態だったのが大きかったかも。
なんでもミナトのギターにプラネジウム(キュウレン宇宙でいう巨大エネルギー)が凝縮されていて、
それをこっちの地球で開放して征服してやろうと企んだ宇宙人が入り込んだ、と。
それがキュウレン宇宙で倒したドンアルマゲの影武者、ドンアルカゲ。
パラレル宇宙で真の影武者になるのだとかワケのわからんことを言っていたが(笑)(所詮は影なのかよ(笑))
その野望を阻止しようとキュウレンチームがこちらの宇宙へ入り込んだという次第。
ラッキーが代表してゆってたけど、自分たちの宇宙が滅んだのを別宇宙でも起こすわけにはいかない、
あちらの始末は自分たちがきちんとつける、というしっかりした正義感をもって行動してたのが分かって
嬉しかったです^^警察、おまわりさんが俺らの宇宙にはいないんだ、という台詞も
さらっと出てたけど、そうなのTVシリーズでギャバンとコラボした回でも言ってたよね~
ここで警察というワードでパトレンと絡ませてくるとはお見事!でした^^
(そんなラッキーの正義感が朝加圭一郎を動かすわけです)
そういえばラッキー、なんか立派になってたなあ。芯が太くなったような印象がありました。
演じる岐洲くんの成長ぶりが画面から伝わってくるようでした(*´ω`*)(でもちゃんとラッキーだったの素敵)

で、スパーダとハミィちゃんとスティンガーのチームが偶然ルパレン組&BN団と合流、
ギャングラーの目的を知ってこちらも協力体制に加わるわけだけど
キュウレンチームが相変わらずキュウレンジャーで……、動きや台詞の言い方がもう全部いちいち
「彼らならでは」で、1年のブランクを全っ然感じさせなかった!本当に嬉しかったですv
(そして相変わらずスパーダ声高い!ww高音波www)

そんでまあなんやかんやありましてキュウレンジャーも12人全員集合!w
12色いるよ!クレヨンかよ、とか最高でしたね(笑)鳳ツルギ宇宙大統領は国連での説明お疲れ様!ww
ラプターも小太郎もショウロンポー総司令もガルもチャンプもお帰り!^^
みんな相変わらずのわちゃわちゃ振りで嬉しかっだよ~~^^
3戦隊=3人+3人+1人+12人の合計19人でいくよー!ってなった時に
突然!「うおおおおお!」と画面に現れたのがジュウオウジャーのジュウオウザワールドの操くん!(笑)
なんでだ、なんでここに(笑)そりゃ彼が1人加わればキリ良く20人大集合になるけどもwww
「細かいことはどーでもいい~~!!」本当に言い放って押し切っちゃったよこれwww
(まあ本当に制作側としても細かいことは気にしないで楽しんで!ってことだったと思うけどwww)
じゃあ見てるこっちも気にしないことにしますねって感じで(笑)
あとは巨大ロボ戦とかナパームどーん!とか、もう戦闘シーンは派手はでww
特にルパパトのロボコクピットに何故か乗り込んでたキュウレンメンツが自由すぎたww
(小太郎がつかささんに謝り倒してるのも妙にツボ(笑))
キュウレンたちが背後でわーわー騒ぎながらルパパトを応援して一緒に倒しちゃう、って感じでしたw

(ラプターの、女子会妄想が最の高だったwwちゃんと女子面子がお洒落してきゃいきゃい語らってるのww
背後にちゃっかり敵幹部の女子アキャンバーがいたのも良かったし、
スパーダと透真のW料理人登場もちょー萌えたww)

無事アルカゲも倒してキュウレンジャーたちは自分たちの宇宙へ帰っていったわけだけど
見てて思ったのは「キュウレンジャー」って作品の世界観は本当に便利というか(笑)、
どの作品世界ともうまーく辻褄合わせて合流できるなあってすっごく感激した^^
そこがこの「キュウレンジャー」って作品の懐が広いところというか伸びしろが多いところというか、
そういう余白を残している世界観があるってのは強いなあって。有難いなあってすごく感じました^^
要は凄く便利な作品だなあと(笑)戦隊モノにおける電王のような(笑)なんでもアリ作品。大好き。

そう、最大の見どころはED!w ダンスエンドがなかったルパパトメンバーが
キュウレンジャーのキュータマダンシンを踊る!
画面見てるだけでも皆楽しそうだしジュレのコグレさんや国際警察のヒルトップ管理官とかも
1カットずつ踊ってて(!)見ててめっちゃめちゃ楽しかった~!まさかのレオタードネタまで!wwww
(ここで流石に会場内でも噴き出す声があちこちから聞こえました(笑)ラストの透真の「ありがとうございました。」もw)
最後の最後まで目が離せない、むしろ目が2つじゃ足りない、すっごく満足度の高い
面白い映画ですっごーく楽しかったです!!(^0^)
買おうかどうか迷ってたけど夏発売のDVD早速予約しました!!!ww

そんなこんなで楽しいお祭り映画でした。
なんかもう感想になってない感想でスイマセン(笑)本当に楽しかったんだ!w
というわけでキュウレンFANのワタシにもルパパトFANのアナタにも
すっかり楽しめる良い映画でございました~!



by katuhiro-iyama | 2019-05-07 22:46 | 映画話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://huzukue.exblog.jp/tb/27589701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ざ・ゆーえんち おいでませ令和 >>