スタートダッシュ……ぜえぜえ


おこんばんわです伊山です。ごきげんいかがですか。
ワタシはライダースーパーライブでお土産代わりに買ったアクリルフィギュア(ゆらゆら揺れる仕様)を
さっそく翌日に子どもに壊されてトホホですが、まあ何とか元気してます(苦笑)
750円が一瞬でパァやで……こんちくしょう……(※保管方法ミスった自分がわるい)

新年あけて早々、いきなり仕事が5連勤+講習会で休日消失、という
むりやりスタートを切らされたスタートダッシュの時間をおくり、
ちょっとゼエゼエ言ってたので、自分へのごほうびにまた映画行ってきました。
ライダー映画の平成ジェネレーションフォーエバー2度目(笑)わはは。
今度はソロだったので自分で好きなように食い入るように見てきましたが、
やはり泣けますね……。2度目は初回とはまた違ったところで泣けました(涙)
あ、以下ネタバレなので隠しておきますね↓
初回時は正直、ウラタロス良太郎なのに話してることが良太郎本人ぽい発言だったので
ちょっと違和感があったのですが、2度目だとウラが良太郎の言いたい事を
うまーく寄せてクチにしている、という姿にちゃんと見えて、
本当に役者さんてすごいなと感心させられました……。おみそれしました。
あと、ネットで言われてたからよく見てたら、本当に
最後の最後で良ちゃんがパチっとまばたきをしたら瞳が黒に戻ってたのを確認できたので、
本当にほんとうに嬉しかったです……感激した(涙)

↑以上、ネタバレ終わり(笑)
帰りにライダー関係の雑誌も入手して、ホクホクで帰宅しました^^うふふ。

まあそんな感じで順調に特撮沼にもスタートダッシュでハマってるわけですが(爆笑)、
今年の冬ですね、ほんとうに暖冬なんだなと気づいたことが複数。
・今シーズン1度も手袋をしていない
・厚めのダウンコートより薄手のユニクロダウンジャケットを着る回数のほうが多い
・首や足首をあっためるウォーマーを装着する回数が少ない
・室内用の防寒着、半纏やフリースをまだ1度も着ていない
・駐車している車が朝方に凍る回数が少ない
・凍った窓ガラスを溶かすスプレーが全然売れてない
・室内用のヒーターを全然使っていない

例年上記ぜんぶ冬対策でやってたことなんですが、今年これらが全然でしてね、
本当に今年は暖冬なんだと嫌でも実感しています。
窓凍らないのは本当にびっくり。今住んでるところ、例年1度はマイナス5℃とか
気温よく下がる地域なのに、今シーズンで氷点下になったの、まだ2日くらいじゃないかしら。あらら。
寒いのはキライですがそれでもそれなりに対策してたのが全然なので、
ちょっと寂しいくらいだったりして(笑)うーん。
まあ、1度か2度くらいは寒波がくるだろうとは思って対策おこたらないようにしますけど、
体調に気を付けて過ごすにこしたことはないですね。
みなさんもお気を付けて。

そんなこんなで新年のスタートダッシュは燃え&萌えでなんとかやり過ごしました(笑)
またぼちぼちガンバロウ。おう。
てなわけで、また^^



# by katuhiro-iyama | 2019-01-15 21:26 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

スーパーライブ!(ライダーの)


新年あけて初っ端から行ってきましたよ、仮面ライダースーパーライブ(笑)
10月ごろからチケット発売されてたのは知ってましたが
12月になってもソールドアウトになってなかったのでたわむれに息子の分と合わせてぽちっと。
さすがに出遅れて3階席になってしまったけど
約2000人入る市民会館は親子連れで満杯でした^^

開場待ちの行列に並んでたら、自分らの前後に居た7才くらいの男の子2人がそれぞれ
ジオウの変身ベルトを取り出し、それぞれに変身ポーズを決めだしたので
うちの4才児が目をまんまるくしてたのがツボでした(笑)
(あちこちで変身ベルト装着ずみの男児を見かけたのも面白かったです)

今回のショーは普段近所のショッピングセンターとかでやってるような
規模の小さいものではなくて、それのもっと大きいバージョン。
レーザービームとスモークと音楽でばんばん盛り上げて今作だけのオリジナルストーリーで
ライダーたちが揃ってステージ上で戦う。もちろんアクションは折り紙付き、という
東映公式のライダーショーでした。そういった公演があることは今回初めて知ったんだけど
最近始められたのかな。5,6年くらいかしら。
そんで、今回はジオウとビルドが登場するとは聞いてたんだけど、
他にエグゼイドから3人、ライダー1号、昭和と平成の境目ということで?ブラックRXが登場してました。
あと何故かショッカーの平兵士?が出てきたのも驚いた(笑)
ショッカー、50年の間に恐怖の対象というよりコミカル要員、おまけ要素の強い存在になっちゃって(笑)、
出てくると空気が和やかになってたのはなんでだろうね(笑)

今回のオリジナルストーリー、ジオウが最善最高の魔王になるという主張から
反転させたような存在の、異世界の帝王、というのが登場して、
ジオウと存在を対比させてたのが良かったです。
西暦ならぬ、「東暦(トウレキ)」の世界で戦うライダー1号とRX。(東映の暦かと思った……(笑))
この世界では全てのライダーたちのパワーと武器を吸収して君臨する帝王、ライダージャッカーがいた。
抵抗むなしく1号が吸収されてしまうが、最後のチカラでRXを異世界へ転移させる。
RXが出会ったのは西暦の世界で戦う仮面ライダージオウだった。
トウレキではジオウは存在してなくて、まるで西暦における帝王のような立場だな、というところから
お話しに引き込まれていって、ジオウが俺はそんな最低最悪の王様なんてならないよ!みんなを救うんだ!
と簡単に決めちゃうあたりがチョロイ(笑)本編のキャラとうまくすり合わせてありました。

戦闘シーンはスモークや派手な効果音、あとスポットライトを瞬時に点滅させたりする演出で
爆発や発砲とかを表現してあって、なかなか面白かったです。
あと時空転移のためのタイムホール?みたいなのを開く表現が、
バックの暗幕にレーザービームとプロジェクションマッピングみたいな動画を映し出して
同時に会場を暗転させるとかして人物の登場や退場を表してたりしてたのがすごかったです。
周りの子どもたち、舞台よりレーザービームの方が興味津々だったw

この舞台効果がかなりよく練られていて、セリフやSEが入った音響とライトなどの暗転、
そして舞台上の演者さんたちのタイミングが全てぴったり合うことで成り立っていたので、
本当にしっかり練習されたんだろうな~って推測できてとてもリスペクトできました。
あと、帝王がライダーたち複数を相手にばんばんなぎ倒して戦う場面とかは
舞台上のセットや幕の隙間から次々と武器を取り出しては放り投げたりしてとっかえひっかえで、
これも間合いや小道具のタイミングが合ってないといけないから
舞台裏でのご苦労がしのばれました~。大変そうだったけどすごく良かった。

この悪役、帝王がまたすごくいい「悪役」でしてね(笑)、めっちゃ強いんですよ。
全ライダーのチカラを持っているとは言ってましたがまあ平成ライダーが主ですかね、
メインライダーはもちろん、印象的なサブライダーの武器とかも取り出しては
ばしばし蹴る殴るぶん回す、あと配下どもにそのチカラを貸してやっては、
配下たちを良いように働かせて、それで用済みになったら貸したチカラごと配下を吸収して
さらに強くなる、とかね。すげーチートですよ(笑)
仲間を利用するとか絶対的に自分が君臨する、とか、ヒーロー側からしたら「許せない」論法をいくつも繰り出してきて、
それで武器とっかえひっかえで複数でかかっても太刀打ちできない、とかですね。
すごく強くていい「悪役」でした。
この悪役が強ければ強いほど、立ち上がるヒーロー、ライダーたちが引き立つわけですよ。
実際、舞台終盤になるとめためた強い帝王にライダーたちが次々倒れていって、
最後のジオウもついにやられるか、という場面になったら
それまで食い入るように見ていた場内の子どもたちから、誰からともなく自然発生的に、
「がんばれー」「がんばれー!」「がんばれ!!」
って声が出てくるんですよ。すごいでしょ。
一応、開幕前に案内のお姉さん(上演中のお約束を教えてくれる人)が出てきて
「ライダーたちがピンチになったら大声で応援してね!」って練習させてくれたわけですけど
そんな先導なんか要らないんですよ。ライダーが危なくなったら思わず声が出てしまう。がんばれー!
これが、すごく良かったです。この声援を引き出せる悪役。よい「悪役」でした。
(オリジナルキャラだから着ぐるみ、いわゆるガワもオリジナルだったんですが
かなり凝っててデザイン的にもTVに流用しても問題ないくらいのかっちょいいやつでした。いいなああ)

子どもたちの声援も良かったですが、意外とショッカーがいいスパイスを利かせてて良かったです。
ザコショッカーが勝手につくった、時間を巻き戻せる機械(うさんくさい)が
会場の子どもたちのチカラをちょっと借りて(腕をぐるぐる回してパワーを送ってくれーってちょろまかした)
50年ほど時間を巻き戻した(笑)ら、ショッカー大将軍ガラガランダが上半身だけ蘇って(笑)、
で、なんだかんだでトウレキの帝王にちょっかい出すんですが、簡単に一蹴されるんですよね。
でも、ライダー1号を捕らえたので民衆に晒し、ライダージャッカーに対する恐怖の象徴とする、という
帝王の主張に、ショッカー大将軍が立ち上がりました。
「仮面ライダーは正義の象徴!恐怖などではない!確固たる『正義』のライダーをショッカーが打ち果たすことで
我々ショッカーがこの世に君臨するのだ!」
おお~、ショッカーなりの悪の美学ですか。ちょっとツンデレぽいけど(笑)
でもこの発言でこの作品内ではショッカーはただのコミカル集団として描いていないなって分かって
制作側のリスペクトも感じられました。この発言のあとショッカー大将軍が「ライダー1号を助けてやれ」って
ジオウたちに味方?してくれたりもあって。良かったです。

あ、あともう1つ良かったのが、オリジナルキャラで帝王の配下として並んでたやつ。
エグゼイドのパワーを与えられて、エグゼイドの最終パワーアップスタイルのハイパームテキとなったんだけど
本家はゴールド、金色なのに対してこっちはシルバー。銀色になっててめっちゃ綺麗でした~v
デザインは本家そのままで色違いでシルバーってすげーセンス良いと思うんだけど。シルバームテキ。うふ。
これ、いつかTVシリーズかどこかで使ってくれないかしら~。すごく気に入ったので。カッコよかった。
(言葉遣いもですます調で冷酷な策士、ぽい性格づけされてて印象的でした)

まあそういう感じで(笑)、お約束の客席にライダー登場とかもありつつ(3階席は無縁でした……)
最後は全ライダーがパワーアップして必殺技をくりだし、
トウレキの世界にも存在する全ライダーのパワーをもらい受けたジオウがライダーキックで決着、という
見てるこっちも分かりやすくスッキリする終わり方でした。爆発する瞬間のレーザービームも派手だったよ。
ジオウも無事に西暦の世界に送ってもらえて、会場の子どもたちにも丁寧に
応援ありがとう!って頭下げてくれたりして。教育にいいですね(笑)
ハラハラドキドキ、大声で声援して敵も倒してスッキリ、というとても爽快なステージでした。楽しかった!

こういう、舞台作品ひとつとってもブレてないな、というのが最近の東映特撮の尊敬したいところで。
むかーしは作品ごとにキャラの性格ブレてたり整合性がなかったりとか
残念な印象に残るスピンオフが多かった印象だったんですが(春映画とか……)
このごろは制作側からの「ライダーに対するリスペクト」が感じられるようになったというか、
とても丁寧に、色んな方向からの思いを汲んで出来るだけ誰も傷つけない方向で
作品を作っている、という印象を強く受けています。
今回も主な視聴者層の幼年男児が好みそうな悪を討つ正義のライダーが戦って勝つ、という
きわめて分かりやすい主題を扱ってて見事成功していたし、もちろん舞台演出演者さんたちの努力も素晴らしく。
(アクションのタイミング、変身前後の切り替え、入れ替わりすごく大変だったろうなーと。)
本当に、色んな方たちのチカラがあわさって成功しているステージなんだなと実感できて
とても良いものを見せてもらった気分になりました。どうもありがとうございました^^
そしてそんな方たちの作品だからこそ強く思く思う、スタッフキャスト脚本演出、
関わった方たちの名前出してくれよぉぉぉ……!公式パンフ売ってくれよぉぉぉ……!(心の叫び)
(握手会用のお楽しみ袋にはパンフあったのかもしれませんが。別売りで。是非)

物販で販売してた、ライダーを応援するうちわ型ペンライト、場内の子どもたちが持ってたんですが
これ最近流行りの、電波か何かで一斉にライトを調節する機能があったみたいで、
舞台演出の効果にひとやく買ってたのも面白かったです。
敵アジトのシーンではペンライトも赤くなっておどろおどろしさを醸し出してたし、
ライダーたちが活躍するシーンではライダーのメインカラーの白や緑や紫に変化したりして
3階席から見てたらペンライト込みで舞台効果が考えられている感じがしました。舞台演出に参加してる感じ。
そこも良かったです。うん、良かったしか言ってないぞ(笑)
(ちな、セリフの音響は全て声優さんだったんですが、これちょっと残念なのが
最近の若い声優さんは声質が似てるのね(苦笑)、似た感じの声の人が沢山しゃべってて、
ぱっと聞いただけじゃどのライダーがしゃべってるのか分かりづらかったり(苦笑)そこは惜しかった)

いやー、いい体験させてもらいました^^
4才児は食い入るように舞台を見つめていましたが、
大声で応援してくれ、って言われてもなかなか声が出ず、気持ちで応援していた感じでした^^;
あと、終了後の握手会は、頑なに参加しないと言い張り(笑)、
どんだけ恥ずかしがりやなんだよと(笑)不思議なもんです。
息子と2人連れで天神まで出たのも初めてでちょっとドキドキでしたが
電車もバスも大人しくしてくれて助かりました。天神は自転車が多くて田舎みたいにフラフラ歩けないよ……(苦笑)

そんな感じですがまたこういう機会があれば参加してみたいでっす。
長々と失礼しました。



# by katuhiro-iyama | 2019-01-06 22:39 | 日記 | Trackback | Comments(0)

おいでませ2019



あけましておめでとうございます。うぇるかむ2019。
今年も拙ブログをよろしく……いや、適当にしてやってください(苦笑)

そんなわけで2019年あけましたが
まあ何~にもしませんでしたよね(笑)わはは。
お節も雑煮も作りましたが、4才児にもダンナにも特に興味をもたれず(爆)
自分だけ楽しむのもムキーとなったので意地でも作ったろうと思った結果、
さほど目新しいものにもならず気合が空回りに終わりました(爆)
ので、写真も残してません(苦笑)とほほ。
年中行事は大事だと思うんだけどな……うう。がんばる。

年末の紅白!おっもしろしかったですね~!^^
実は30年来の友人が運よくNHKホールの観覧希望に当選し、
当日現地でナマ紅白を見ていたと知っていたので、その分視聴も熱が入ったんですが、
それ以上に演目、曲目、登場歌手の皆様たちが
心底から紅白を楽しんでいる様子が画面から伝わってきて、
見てるこっちもすっごく楽しめました!^^
特にアレよかったですよ、特別演目の椎名林檎さんとエレカシの宮本さんの競演。
独特の世界観が構築されてるのが伝わってきて、すげー惚れましたw
あとラストにまさかユーミンとサザンと北島サブちゃんが共演するなんて思ってなくて、
すごく盛り上がりましたw見ながら笑いがこみ上げてきましたもんねw
いい紅白だったと思います^^楽しかったw

年越しはジャニーズカウントダウン(笑)たきつばさんラストを見守りました。
もうジャニーズは敬遠しはじめているんですが、やはりジャニカンは盛り上がりますね(笑)
無駄に派手で(笑)

お年賀状もいくつかいただき、ありがとうございました。
(あまみん、筆文字上達してましたね!※私信)
子供さんの写真を使う年賀状も増えましたが、コメント無しのシンプルなものも増えてきましたので
年賀状終いという考え方もありかなと思うようになりました。
まあ、個人的にはああいう、ちまちまハガキ裏を創作して伝えるのが大好きなので、
ワタシは当分お年賀状送り付けるとは思います(笑)お覚悟めされ。

そんなこんなで5日にさっそくライダーステージを見に行ってくる(笑)、ので、
またレポあげますねww
今年の大河、「いだてん」めっちゃ楽しみですw予告映像で引き込まれたので
関連番組でのネタバレを極力さけて本編ドラマを楽しみに見る!ww
感想書くかどうかは未定ですw

そんなこんなで例によってマイベースで突っ走る予定ですが
まあなにとぞほどほどに。よしなにお願いいたします(苦笑)
m(_ _)m



# by katuhiro-iyama | 2019-01-04 23:29 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

今年もおせわになりました


おこんばんわです伊山です。おおみそかです。押し迫ってまいりました。
今紅白見ながらこれ書いてます(笑)
とうらぶ男士かっこよかったなー。現地で見ている知人さんがうらやましい~。

さて2018年もそろそろ終わろうとしています。
今年は例によってあまり更新できませんでしたが(苦笑)、
個人的には特撮モノにハマって楽しく過ごせました(笑)
ニチアサばんざい。特撮は癒し(笑)
電王の頃もこのくらいハマっていた気がしますが、今はSNSがあるので
同士の声をたくさん拾えてもっと楽しめる気がします。映画良かったな~しみじみ。
その他には毎日の買い物や料理が面倒くさいとか洗濯ものが面倒くさいとか
子どもの面倒みるのがめんどうくさいとか(笑)、
日々面倒くさいですがなんとか癒しを愛でつつガンバっています(苦笑)
まあ、うん、なんとかなるっしょ。
来年は子どももついに5才になることだし(はえーよ)
適度に息抜きしながら毎日ほどほどにやっていこうと思います(^-^;)

相変わらずマイペースblogですがご来訪いただきありがとうございました。
気が向けばまた来年ものぞきに来ていただけると感謝感激アメアラシ。嬉しく思います。

といったところで今年もこのへんで。
良いお年を~そして幸多い2019年になりますよう、お祈り申し上げます^^



# by katuhiro-iyama | 2018-12-31 20:47 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

平ジェネフォーエバー


公開中の映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」
見に行ってきました!
鑑賞前から予告映像で泣けました(笑)
いっきにネタバレ感想ぅぅぅ!





仮面ライダーは虚構の産物……
# by katuhiro-iyama | 2018-12-28 23:41 | 映画話 | Trackback | Comments(0)

年末ですよおくさま(誰


おこんばんわです伊山です。どもども。いかがお過ごしでしょうか。
PCに触るのも1週間に1度くらいのペースになってきて
タイピングがだんだんおぼつかなくなってきました(苦笑)とほほ。
年末寒波到来ということで、雪が気になりますね。

さて、先日はクリスマス、子どもにとってはサンタさんが来るお楽しみの日がありました。
うちでは正直カレンダーの都合でサンタ氏は23日の晩、クリスマスイブイブに来訪することになり(笑)、
23日の晩にはチキンとケーキ(仮面ライダーキャラデコケーキ玩具付き)を食べて過ごしました。
4才息子には、大人の言うことをきいてお手伝いするとサンタさんが来てくれるよと言い聞かせていたところ
本当に1日に何回もお手伝いを率先してやってくれるようになり(笑)、
サンタさんの魔力、いや魅力か、には抗えない子どもの姿を目の当りにしました(笑)
そして無事に24日の朝、息子の手元にはラッピングされたプレゼントが枕元に置かれて、
いったん2度寝しかけたところを嬉しさで跳ね起き、
ごそごそと開封することしばし、去年から欲しかったというウルトラマンジードの武器を手にした
息子の顔はなぜか真顔。
けれどもその口からは驚嘆の響きで「さいこう……。」と呟きがこぼれておりました(笑)
そうか、最高だったか、良かったよかった。
(こちらが思っているほど感情を表に出すタイプではないようですこの息子。どちらかというとクール。)

ジードの武器は去年放送の番組のものだったので何故いま これを欲しがるのか、
こちらとしてはよく分からんかったのですが、
本人が手にしてみてようやく分かりました。めちゃめちゃこの武器で遊びたかったみたい(笑)
ボタンを押すと武器の効果音とボイスが鳴るんですが、
毎回、もう必ずボタンを押すと絶対、ボイスに合わせて「しゅあーー!!」って叫ぶとです(笑)
なんなら武器を頭上高く掲げて。誇らしげに。悠々と(笑)
「しゅあーー!!(^0^)ノ」
分かった、分かったよそんなに毎回武器を掲げたかったんだな君は、と諦観してしまうほど
この武器がお気に入りのようでした(苦笑)喜んでもらえたんなら良かったよ……(苦笑)
(でもぶっちゃけ、東映特撮のアイテムと比べて、円谷ウルトラマンのアイテムって
展開や扱いに「やさしさ」を感じる。放映時期が終わったらアイテム展開取り下げるとか無くて、
3~4年ほどずっと定番として扱ってくれてるし、新アイテムの拡張もそこまで数多くなくて揃えやすいし、
新番組始まっても前番組を兄弟として捉えてるので邪険にされないのがいい)

まあそんな感じで4才息子にとって楽しいクリスマスが過ごせたかなという12月でした。
身体もですが内面でも成長を感じますね……。おゆうぎ会も無事上手にこなせたことですし。
本人が楽しく園に通えてるのが何より有難いです。保育園の先生方には本当にアタマが上がらない……。
来年ついに年長組にあがりますが、先生方のご指導にゆだねるばかりですわ……。へへー(平伏)

とか言ってるともう今年も終わりですね(汗)何をやっていたんだ今年は……。
なんだか何も残せていない気がしています(苦笑)
去年取得した資格を利用して現在のパートをしていますが、
それがあまりお役に立てていない気がしてちょっと惜しい気持ちです。
(お給料はあがったんですけどね!仕事に反映できているかというとやや疑問符)
まあパートの身ですしあまり出しゃばらないようにして頑張りますわ……。えいえいおー(小声)。
あと、アニメの視聴はこのひと月ばかり止まっています(爆)とほほ。
スタァライトの続きはやく見終わりたいんですが……。バナナフィッシュも放送終わっちゃったし(苦笑)
なかなか追いつかなくて忸怩たる思いです……。いや、アプリゲームする時間削ってやれよって話なんですが(爆)
(コトダマンと ぶつ森が時間ドロボウでのぅ……。)
あ、アイマスSideMのアニメ、「訳あってMini」っていう3分のショートアニメが週1でやってたんですが
何故かそれは完走しました(爆笑)リアタイで見やすかったんじゃい……。
2頭身キャラなのでアタマがでかすぎて違和感ありましたが(苦笑)まあまあ楽しかったです。

あとはアニメの他に特撮ダダハマリで……。もう、足湯というより肩までどっぷり浸かっているみたい(笑)
土日の特撮は1週間の癒し……。楽しくて抜けられないっす(爆)
ひとまず明日、仮面ライダーの映画見に行ってきますので、
4才息子と一緒に盛り上がってきます!子どもの前で泣いたらゴメン!(笑)
多分年明けてからまた1人で見に行くと思います!(爆笑)(そこまでするか)

やっと年賀状投函できたので(去年よりは早い、か……?)、これでなんとか
心置きなく年が越せそうです(笑)どんまい。がんば。
そんなこんなで、とりとめのないまま。





# by katuhiro-iyama | 2018-12-27 23:45 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

12がつですよおくさま(誰


おこんばんわです伊山です。
うわーやばい、もう12月ですよどうします奥さん。(誰
あと2週間ほどで今年も終わるなんて……信じられない(去年と似たようなこと言ってる)

さて、そんなせわしなくなってきた12月、嬉しいニュースが飛び込んできました。

「十二国記」続編2019年内発売目指す

なんとなんと、あの小野不由美先生の大長編作、十二国記の続編新作が
ついに編集部の元に届いたというじゃあーりませんか。
なんと原稿用紙2500枚分。どうやらその辺のラノベ(200Pくらいのやつ?)が
10冊分くらいに相当する量というじゃないですか。なんだその大長編(嬉)。
とうとう続編が読める。嬉しいことです、ありがたいことです。
なにせこの小説、自分が学生のおりに周囲の友人を瞬く間にまきこんで
その世界観にどっぷりハマったという思い出の作品。
勧められて読んだら昼夜を問わず読み続けてしまいには夢に出てきたというくらい(笑)、
自分にとっては印象深い作品なのです。もう20年になるのね……(遠い目)
あの頃のワクワクが自分によみがえるかどうか、ちょっと不安ではありますが
何にせよ、数年前に続編が出るよとアナウンスを受けてからもう何度も大みそかごろに
思い出しては落胆していたので(苦笑)、(出るって言ってたのに今年も出なかった、てやつ)
やっと、ようやくのこと期待していた続きが出そうということで
心底楽しみにしております^^わくわく。

思えば当時、ワタシら文芸サークル内で十二国記にちなんだ役職で呼び合っていたなあ……
ワタシ部長だったので主上、編集長が宰補で副部長が麒麟とか。あとネズミもいたので楽俊とか(笑)
いやあ若気の至りですね(苦笑)

何にせよ来年の楽しみがひとつ増えました。ありがたや。
そんなわけで嬉しいお知らせでした^^



# by katuhiro-iyama | 2018-12-14 23:54 | 日記 | Trackback | Comments(0)