<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

丸48話


真田丸48話視聴。引鉄(ひきがね)。簡易版。

冒頭、茶臼山でのゲリラ的襲撃から信繁の情報が洩れるシーン、
家康の手にあった密告の手紙に「お」とサインがあったので
ここは織田有楽斎かと思わせる流れ良かったですねえ。「お」お蔵卿局という線もあったのですが
あの場にいなかったので。(そして密談のシーンは常に台所……。)
大阪城の掘が埋められて護るすべがなくても浪人たちは戦う気がまんまん。
ゲリラ的襲撃を小競り合いのように繰り返す作戦、家康の襲撃も考案するが。

家康を討ち取って無事に戻ってこれたら、と きりちゃんに切り出す佐助。
「……めおとになってもらえませんか。」「ごめんなさい(即答)」「はあっ」
ここサイコウでしたwwww佐助哀れwwww

佐助、家康の襲撃に成功!……したかに思えましたが影武者でした(汗)
てっきり夢オチかと思った……。ここが佐助の見せ場でしたなあ。

大阪城ではあふれる浪人たちの気概をおさえようと血縁者を呼んだり、
秀頼公は四国へ移ろうかとか、「この先」のことを考えている様子。
信繁も信之にーちゃんの息子'sに会ってきたり。(大助といとこ同士の顔合わせになりましたね)
三十郎や茂誠義兄上との久々の対面シーン、良かったなあ、三十郎本当に源次郎のこと大好きなんだなあって。
茂誠兄、信繁が敵(家康)のところへ突っ込んでいく心構えであることを察して
顔をゆがめるシーン、秀逸でしたね……。(高木渉さん最高……)

茶室があったところで農作業していると利休の魚シルシが入った鉄砲を発見。
あの魚シルシ懐かしかったですね、あれでひと騒動ありましたな。
終盤に、中盤の頃の伏線が戻ってくるのが大河ドラマ終盤あるあるですな……(しみじみ)
この鉄砲で信繁は。

有楽斎を追い出し、じっくり再起を狙って新たな砦を完成させようとしてた矢先に
浪人たちが勝手に武器弾薬を揃えて埋めた堀を好きに掘り返す(シャレじゃないですよ)ことを
始めて、思っていたより早く再戦の足音が聞こえてきた。
小型銃の調練をはじめる信繁。差し違えるつもりだ、と信之にーちゃん。
嫌が応でも高まる戦の機運。どうなるの~

そんなところで!



[PR]
by katuhiro-iyama | 2018-02-22 17:19 | さなだまる | Trackback | Comments(0)

のびのびと日常


おこんばんわです伊山です。お元気ですか。
冬のオリンピック始まりましたね。
事前の情報では全然盛り上がってなかったですが(笑)、始まってしまえばわくわく、
冬の寒そうな景色を自宅でこたつぬくぬくで観戦させてもらっています(笑)
開会式、統制がとれててキレイで良かったですね~。
聖火がともると、どんな政治的背景があっても「ああオリンピック始まるなあ」って思えて
すっかり楽しめます。単純(笑)
個人的には来月のパラリンピックが楽しみです。リオで良さに目覚めた。
(あと地上波放送でのユニバーサル放送が期待値高いです。パラだけじゃなく
オリンピックの競技もすこしだけリアルタイム字幕と音声解説放送かぶせるそうで。)

しかしお部屋でぬくぬく、とは書きましたがこちら九州でも
この冬は降雪が多くて寒いです(苦笑)
2月に入って2回、1月も2回降ったんで、例年より多い印象ですね。
(降る雪も雪質がちがって、ふわふわ、積もる雪つぶなのがまた例年と違ってます)
この冬は寒いとは聞いてたけど……。曇り空もおおくて洗濯物も乾かないですね(苦笑)
お野菜も相変わらず高いし……とほほ。

さて備忘録がわりですがうちの息子、先日めでたく4才になりました。ひゅーひゅー。
4才、人間としてはまだまだですが(笑)、赤んぼの頃と比べると、ほんと、ぜんぜん、
段違いにニンゲンらしくなりましたww良かった……ありがたや(感涙)
服や靴下も自分で上手に着替えられるし(たまに表裏まちがえたり左右違ったりしますけど)
歯みがきやお風呂も、必要性を理解してきたのかイヤがることも少なくなりましたし
おしゃべりもよどみなく、すらすら言いたい事が言えるようになってきた感じです。
(まだ、「つ」⇒「ちゅ」だし、「だ」⇒「ら」なので、つぎだー、は ちゅぎらー、になりますがww)
おもちゃの線路をテープでつなげて拳銃のようなカタチにしてバンバンごっことか、
踏み台や掃除機の部品をオブジェのように設置して「怪獣をやっつけるキチなのー」とか言い出すなど
想像力、発想力、空想力なども順調にそだっている印象です^^
小さい子が空想の世界にひたって、バンバン、やるじょー、てやー、はあっ、やったなー、まてー
とか没頭してる姿を見るのは純粋にほほえましいしかわいいですねw
たまに一緒に世界に入ってあげてかるく相手してあげたりするのも大人の役目かなと。
きっとこれからは、そういう想像力とか思考力とかがたくましくなっていって、
いっぱしに大人相手に意見したり感想を言い合ったりできるようになるんだろうなーって
成長を期待して眩しく見守りたい感じです。

誕生日プレゼントには本人の希望で本格的な仕様のダンプカーとショベルカーのおもちゃセットを、
あと義母から「仮面ライダー大図鑑」を買ってもらい、大満足の様子。
いや、ライダー図鑑はあくまでおばあちゃんからのご厚意ですよ、ワタシがねだったわけではないですよ(爆笑)
でもワタシがページめくるとついニヤニヤしてしまう仕様です(笑)
(そしてワタシが思いのほか詳しいので息子は若干引き気味(爆))
保育園でも先週2月生まれの子たちまとめてお誕生会をしてもらって、
そこで1人1人「大きくなったらなにになりたい」かと聞かれてて、息子は「うるとらまんになりたいです」
って答えてたのがちょっと面白かったですw(他の子はライダーとか看護士とかミニオンズとか答えてたけどw)
そうかーウルトラマンかー、そしたら身長40mになれるよう何でも食べなきゃなーww

なんだかんだで子どもが大きくなるのは嬉しいものです。未来を感じる。
このまま本人の特性を見守りながら程よくしつけながらやっていければなと思っております。
まだまだこちらに余裕がなくてイラっとしたら怒鳴りつけたりしちゃうけどね。
(なるべく手を出さないように頑張ってます)

そんなかんじで過ごしております。
こないだラジオから流れてきた楽曲をきっかけに急~に 元ちとせブーム が来て(笑)、
その日のうちに中古CD買いに行ったりしてすごーく 元ちとせ聞きまくりたい状態になってます(笑)
なんだろう、15年くらい前は好きでよく聞いてたんだけど、
脳のシナプスがその頃と繋がっちゃったかなあ。あの独特の歌唱、歌声が今すごく心地よいです。
「君ヲ想フ」「この街」とかがいいです。しっとり。
あとアニメ「カウボーイビバップ」の再視聴ブームもきて(笑)、映画天国の扉とか
gyao配信中のTVシリーズも見返したりしてもだもだしてます(笑)いいわ~人物の体重移動の微妙な動きとか、
手描きセルアニメの最高峰だわ~(個人的意見)

そんなこんなで(笑)もう、ストレス溜めないようにまったりやっていきます(苦笑)
なにかあれば水曜日郵便局にお手紙書いちゃう(笑)
ではではまた。





[PR]
by katuhiro-iyama | 2018-02-13 22:18 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

雪と博物館


どもです伊山どす。
地元に昨年秋OPENした歴史資料館「秋月博物館」へようやく赴くことができました。
地元だしずっと行きたかったのですがなかなか都合があわず……。
ようやく先日タイミングがあったので念願の初来訪!

……なのに、当日はがっつり雪模様(笑)積雪およそ20cm(笑)※博物館周辺のみ
なにもわざわざこんな日に……と思わないでもなかったですが(笑)、
こんな天気だからダンナ氏と休みが合ったので(笑)、いそいそと行ってまいりました。
d0025055_22491371.jpg
d0025055_22492412.jpg
d0025055_22493255.jpg
いやーいい風景ですねw こんな景色、福岡県内ではなかなか見られないですよ。
そういう景色を眺めつつ、雪をさくさく踏みしめながら建物に到着し中へ入ると、
受付の方にめっちゃ歓迎されました(笑)こんな雪のなか……って。すいません地元民です(笑)

で、ええと肝心の展示のほうなんですが、博物館と名がついていますが
どちらかというと郷土館のような趣で、市内の歴史の流れを戦国時代あたりからなぞる、というような
郷土の歴史を身近に知る、紹介する、といった趣旨の展示になっていました。

主な展示物としては、黒田官兵衛から家臣へ下賜した合子兜(複製)とか、
黒田官兵衛の孫が来ていた鎧甲冑とか、
島原の乱への出陣の様子を描いた屏風絵、それと島原の乱での戦闘を描いた屏風絵(ぞれぞれ複製)が
目玉でしょうか。
キリシタン文化の名残とか郷土出身の文化人が集めた美術品コレクションとか、
なぜか50年くらい前の西鉄ライオンズ(西武ライオンズの前身)の関連グッズとかもあります^^
(個人の収集物だろうなあ……。メンコとか雑誌とかサイン入りユニフォームとか完全に趣味の賜物w)

じっくり見て回っても30分あるかないかくらいで、こぢんまりした展示館ではあるんですが
割と最新の設備を使っていまして、20インチ程の大型タブレット端末で屏風絵の開設を自由に見られたり、
おそらく4Kと思われるテレビで市内の歴史を紹介するVTRを見られたりで、
すごく快適に展示を見られたのがすごく良かったです^^
(他にお客さんいなくて貸し切り状態だったしね……(笑))
いやー、いい博物館を作ってもらえた。観光の目玉のひとつになる良い建物でした。

……あのね、4Kテレビで見た郷土の紹介映像ね、去年の夏の豪雨災害よりも前に撮影されたものだったんだ。
4Kの綺麗な画質で郷土の田園風景やら伝統芸能やらお祭りやらをばっちり残してもらえてて、
本当にほんとうに良かったなあって。しみじみ思いました。綺麗な地元を映しててくれてどうもありがとう。
いい映像が見られるので是非お近くにお越しの際は秋月博物館へ^^

そんなこんなで。



[PR]
by katuhiro-iyama | 2018-02-08 23:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)

特撮ざんまい


おこんばんわです、伊山どす。寒うございますね。

ここんとこ特撮に重心がうつっていて、すっかり今は日曜日が楽しみなカラダになってしまいました(笑)
とうとう先日、癒しポジションとして愛でていた「宇宙戦隊キュウレンジャー」が
最終回を迎えまして、とっても寂しくしかし最後まで楽しく見られました^^

キュウレンジャーの総括をしたいと思ってるんですが、なんというかうまくまとまらないんですよね。
あの、「多様化」を表現した戦隊ヒーローだなというのは強く印象づけられました。
従来のフォーマットなら、人間のキャスト5,6人でメンバーの入れ替わりも少なく
1年戦い通していくチームを作っているわけですが、
キュウレンの場合はまず人間のキャストが5人、それから人外(メカとかいわゆる着ぐるみ)キャストが5人でスタートし、
追加戦士が人間キャストで2人加わりました。そこからして変則的。
9人の救世主、という触れ込みで始まったはずなのに途中から9人をオーバーしてるという(笑)
で、人外キャストもメカだの宇宙人だのアンドロイドだの、
多用な人種?が揃っている。人間キャストだってみんな宇宙人設定です(笑)
ラストにはなんとアンドロイドっ子ちゃんと人間のイエローがくっついちゃうという(笑)、
人種の境を超えた表現まで生み出してくれましたw
これ結構画期的なことだと思うんだけどな。アラレちゃんとタロさがカップルになるようなもんよ?(爆)(例え古い)
女の子キャラも前に出て肩肘張らずに戦うし、感情が無いキャラとか悲壮な過去を持つキャラとか、
個性的なキャラばっかりで、それでも皆互いを思いやりながらも自らの夢や挑戦に向かって
全力で頑張る、という表現をたくさんしていたので、
見ているこちらが引っかかる暇もないほど、色々な魅せ方をしてくれた印象です。
(顕著なのは「リーダーをつくらない」という点かな。「一人ひとりがスーパースター」なので。)
そういう、色んな種族とか考えの違うキャラたちが1つに集まって
時に衝突しながらも互いを認め合って補い合って目標をめざす、という描き方が
これまでの戦隊ものと全く異なる印象を受けて、そこが新鮮で斬新で、とっても面白かったんです。
これを見ている幼い子どもたちも、きっとこのキュウレンジャーたちみたいに
多様な世界のなかで彼らのように生きていってくれないものか、と
彼らの姿に大人の期待を寄せたくなる感じ。ある種理想的なチームでした。

そうやって従来のフォーマットを崩して始まったので、序盤は戦闘シーンとか世界観設定とか
だいぶ凝っていた印象で、画面から伝わる情報とかも楽しくて見応えありました^^
終盤、30話過ぎくらいから活躍の場が主にチキュウばかりになってしまって、
あまりよその宇宙や星系の表現が物足りなくなってしまったのが残念でしたけど。
(序盤は巨大ロボが戦う場所も、砂地とか闇夜とか惑星の背景が見える場所とか
なかなか凝ってたんだよ~。チキュウ編になってからいわゆる市街地や岩石のジオラマが増えて惜しかったなあ)
キャラが12人に増えたのでドラマ重視になってロボの戦闘とか少なくなったかなと思ったら
回想+これからの展開の説明、という体で巨大ロボ総まくりの話を作ってたのも面白かったです(笑)
(クリスマスの直前の回だったのがこれまた親泣かせでねえ……(苦笑))
もうやり口がいっそ清々しい(笑)キュウレンジャーは何でもありだ!と作品を通して
ひしひしと伝わってきました。野球回、サイコウだった!ww

とにもかくにも、多様なキャラの魅力、従来の作り方を敢えて崩してくる製作スタッフの心意気、
それから人外キャラや声優さんを含むアクターさんたちの生き生きとした仕事ぶり、
(正直「電王」を思い起こさせました。物言わぬ着ぐるみキャラがアクターさんと声優さんの力で
みるみる魅力を増していくの)
脚本と世界観の面白さ、どれもうまく合わさって最高の作品が生まれたと強く感じています。
キュウレンジャー楽しかったよ~この世界観と広がりはどこまで伸びしろがあるよ~もっと見させてよ~(T_T)
本当に、キュウレンジャー楽しかったです。もっと見たかった。世界観に触れたかった。
キャラ萌えもできて(笑)、オタクとしては大満足ですw
半年後くらいにコラボ映画があるらしいんだけど(宇宙刑事ギャバン……)それまで待てるかしら……。
演じてた若い演者さんたちの今後も楽しみに、これからもキュウレンジャーの展開についていく所存です!
素敵な作品を生み出してくれて、スタッフの皆さまどうもありがとうございました!(^0^)






長くなったので続く(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2018-02-07 23:18 | テレビ、芸能 | Trackback | Comments(0)